この記事はネタバレも含まれています。ネタバレを知りたくない方はご注意ください。

夫婦の距離は0.05mm2巻のネタバレと感想【夜の方も潔癖症?イケメンなのに気持ち悪い!?】

夫婦の距離は0.05mm
~ゴム越しに愛されてる~

作者:はやしだちひろ
6巻未完結

 

こんにちは!漫画を生活の中心としているココです。
今回は、はやしだちひろ先生の「夫婦の距離は0.05mm ~ゴム越しに愛されてる~」2巻になります。

 

 

1巻では結婚式も終えて、その夜…ついにみちると正臣は結ばれようとしていましたね。

 

 

みちるの気持ちは高ぶっていました。

 

 

しかし、この2巻では結ばれたはずなのに、どことなく気が重いみちるが描かれています。

 

 

それはそのはず、イケメンなのに、気持ちわるい正臣が描かれていたからです。

 

 

それは、夜の営みも、その性格も…。

 

 

潔癖症もここまでくると、怖いと思っちゃいます。

 

 

正臣の感覚にゾッとさせられます。

 

 

まるで、結婚するまでこの個性的で独特な感覚を隠していたかのように…。

 

 

だから、結婚するまでみちるを抱こうとしなかったのかもしれません。

 

 

結婚してしまえば、みちるは正臣を受け入れるしかないから。

 

 

そんな夫を受け入れてみちるは暮らしていけるのだろうか?

 

 

『夫婦の距離は0.05mm ~ゴム越しに愛されてる~』
無料お試し読みはコチラ
(ABJ認証・正規版)
↓   ↓   ↓
>>>まんが王国
『夫婦の距離は』と検索してください。
※登録無料・継続課金なしもあり

 

夫婦の距離は0.05mm ~ゴム越しに愛されてる~2巻のネタバレ

みちると正臣、初めての夜。

 

 

気持ちは高ぶり、みちるは正臣を求めていました。

 

 

行為の途中、なぜか正臣は両手に手袋をハメだす。

 

 

みちるは何をしているの?
と聞くと、正臣は粘膜は直接触れないほうがいいから…。

 

 

手袋をハメるのを当然かのように、
言います。

 

 

しかし、みちるはそんな正臣を受け入れられない。

 

 

とっさに手を振り払ってしまうのでした。

 

夜の方も潔癖症?イケメンなのに気持ち悪い!?

手袋をハメてみちるに触れようとする。

 

 

その理解に苦しむみちる。

 

 

そんな躊躇するみちるに正臣はいいます。

 

 

この方が清潔だから…。

 

 

それは、みちるが汚いとかそういったことじゃなくて…。

 

 

潔癖気味だからしょうがない。

 

 

そうタンタンと正臣は話すのでした。

 

夫婦の距離は0.05mm ~ゴム越しに愛されてる~2巻の結末

直接触れて欲しかった…。

 

 

手袋をハメるということは、
直接触れてくれないということ…。

 

 

気持ちが追い付かないみちるは、
正臣を拒否してしまうのでした。

 

 

「子供は…」

 

 

それは避妊具をつけてしか行為が出来ない。

 

 

子供が出来ない…。

 

 

そう思うと、みちるは悲しくなります。

 

 

そして、子供のことを正臣に話すと、
子供が欲しくてみちると結婚したわけじゃない。

 

 

みちるに拒否された正臣は稚拙な行動を取り始めます。

 

 

それは…。

 

夫婦の距離は0.05mm ~ゴム越しに愛されてる~2巻の感想

イケメンでもここまで潔癖症だと、誰だって引くと思います。

 

 

夜の方も結婚する前に知るべきだった。
と思わざるを得ない。

 

 

気持ち悪い正臣の姿。

 

 

イケメンなのに、気持ち悪いとか…。そうそうない気がします。

 

 

結婚してしまうと、そう簡単に別れられないし、後戻りも出来ない。

 

 

みちるはどうするのだろうか?

 

 

「夫婦の距離は0.05mm ~ゴム越しに愛されてる~」はまんが王国で読むことが出来ます。

 

 

無料お試し読みもらうので、良かったら読んで下さい。

 

 

まんが王国はコチラです。
「夫婦の距離は」と検索してください。
※ABJ認証・正規版