この記事はネタバレも含まれています。ネタバレを知りたくない方はご注意ください。

婚前弁護士2巻のネタバレと結末【息子の婚約相手が法を犯していた事実と鈴木先生の秘密が衝撃的すぎる…】

婚前弁護士
作者:浅川ナオ
4巻未完結

 

 

こんにちは!漫画を生活の中心としているココです。
今回は浅川ナオ先生の『婚前弁護士』2巻になります。

 

 

婚前弁護士というタイトルだけあって、1巻に引き続き婚前前のトラブルについて描かれています。

 

 

今回の依頼は、息子の婚約破棄。それを成立させたい!という弁護士 優里香の高校の恩師でもある鈴木先生。

 

 

その理由が結構衝撃的!

 

 

それは、息子の婚約者が昔、援助交際をしていた。

 

 

そんな子とは結婚させたくない。という父親(鈴木先生)の考えからだ。

 

 

援交は法に触れていますからね…。

 

 

これは、ほとんどの親がそう思うだろう納得のいく理由です。

 

 

しかし、この2巻、優里香が調べて行くと更に衝撃すぎる事実がわかってくるのです。

 

 

それは、鈴木先生実は1回だけ誰にも言えない過ちを犯していたのです。

 

 

人には”墓まで持っていく”とう言葉があるように、誰にも知られたくない秘密。まさにそのこと。

 

 

そんな衝撃的な事実が出て二転三転。

 

 

この2巻では意外な展開へとコロコロ変わり目が離せません。

 

 

『婚前弁護士』
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>まんが王国
『婚前弁護士』と検索してください。
※登録無料・継続課金なしもあり

 

婚前弁護士2巻のネタバレ

教え子が弁護士になった。という話を聞いて優里香の弁護士事務所を訪れた鈴木先生。

 

 

鈴木先生は優里香の高校の先生でした。

 

 

鈴木先生は優里香に息子のことで依頼をします。

 

 

それは、息子の結婚を破棄して欲しい。

 

 

そんなお願いでした。

 

息子の婚約相手が法を犯していた事実と鈴木先生の秘密が衝撃的すぎる…。

鈴木先生も息子 悠太が選んだ人なら大丈夫。

 

 

最初はそう思っていました。

 

 

そして、そのお相手を快く出迎えるつもりでした。

 

 

しかし、悠太が自宅に結婚相手を連れてくると…。

 

 

鈴木先生は固まってしまったのだ。

 

 

「初めまして」

 

 

彼女は鈴木先生に挨拶をするもその挨拶すら耳に入らなかった。

 

婚前弁護士2巻の結末

鈴木先生は優里香に言います。

 

 

彼女は昔、援助交際をしていた人だと…。

 

 

優里香はその証拠はあるのか?と鈴木先生に聞くと鈴木先生は『噂』と言うことが曖昧。

 

 

援助交際となると法にも触れているし証拠があれば婚約破棄も可能。

 

 

しかし、証拠がない場合は鈴木先生の立場も危うくなる場合もある。

 

 

証拠がないなら…お父さん(鈴木先生)から息子さんに話してみては!?

 

 

という優里香の提案に鈴木先生はそれでも弁護士に入ってもらいたい。

 

 

の一点張り。

 

 

取り敢えず恩師ということもあり優里香はこの依頼を引き受けるが…。

 

 

優里香が知っている鈴木先生とは違って違和感を感じていたのです。

 

 

そして…。

 

婚前弁護士2巻の感想

この話は3巻まで続きます…。

 

 

それにしても、こうも私が予測していた結末を迎えることなく、話が二転三転する話はあまり見ないかもしれません。

 

 

息子の結婚相手が昔援助交際をしていた。

 

 

となると、親としても結婚させたくないですし…。

 

 

それが事実なんだろうけど、その後の鈴木先生の告白も衝撃的すぎますし…。

 

 

むしろ、知っている人に話たくない内容でした。

 

 

この息子さんを含めた鈴木ファミリーの問題どうなるのか?

 

 

気になるので3巻も読んじゃいます!

 

 

『婚前弁護士』はまんが王国で読むことが出来ます。

 

 

 

無料お試し読みもあるので良かったら読んで下さいね。

 

 

まんが王国はコチラです。
『婚前弁護士』と検索してください。
※ABJ認証・正規版