この記事はネタバレも含まれています。ネタバレを知りたくない方はご注意ください。

悪魔はそこにいる5巻のネタバレと結末【詩と美園が幸せに暮らす1つの決断!?2人の共通点とは?】

悪魔はそこにいる
作者:でじおとでじこレッド、清水セイカ
5巻完結

 

こんにちは!漫画を生活の中心としているココです。
今回は『悪魔はそこにいる』5巻になります。

 

 

この話も5巻で最終回を迎えることになります。

 

 

詩と美園の関係は最後どうなったのか?その最後が気になる所です。

 

 

結論から言うと、詩は幸せに暮らし、美園はこれからきっと幸せになだろう…という終わり方をしています。

 

 

この2人の結末の違いは、歪んだ愛情の依存から抜け出せたかどうか?に限ります。

 

 

美園と詩は共通点がありました。

 

 

それは、お互いが親の言葉に囚われていたことです。

 

 

そして、美園は詩を、詩は美園を求めお互い満たされない心を補填していたこと。

 

 

つまり、依存しあっていたのです。

 

 

2人は一緒にいてはいけない。そう気づけた詩。

 

 

詩は伊崎くんがいるからなんとなく、幸せになる予想はつきます。

 

 

じゃあ美園は?その最後が気になる人は読んでみてくださいね。

 

 

『悪魔はそこにいる』
無料お試し読みはコチラ
(ABJ認証・正規版)
↓   ↓   ↓
>>>まんが王国
『悪魔はそこにいる』と検索してください。
※登録無料・継続課金あり

 

悪魔はそこにいる5巻のネタバレ

詩は取り乱し泣いている美園を見ても何も思わなくなっていました。

 

そして、詩自身思う。

 

 

私はこんな人だったのだろうか?と…。

 

 

すると、伊崎くんが慌てた感じで詩に駆け寄って来ます。

 

 

詩を見るなり伊崎くんは、起きたらいないし、電話しても繋がらない。と心配と焦りが伝わる。

 

 

詩は携帯をカバンに入れていたから気が付かなかった。

 

 

そう無表情で話すのでした。

 

詩と美園が幸せに暮らす1つの決断!?2人の共通点とは?

その後、詩と伊崎くんは一緒に脳神経外科へ行きます。

 

 

先生は異常がない。

 

 

そんな風に診断します。

 

 

その結果に納得がいかなそうな顔をしていた伊崎くん。

 

 

詩はそんな伊崎くんの様子に気が付きます。

 

そんな詩自身も病状に異常がないことに納得がいっていなかった。

 

 

それはケガが原因じゃないから、今の詩の状態は何なのか?

 

 

今の詩の状態の原因がわからなくなったからだ。

 

悪魔はそこにいる5巻の結末

悩む詩を見て、伊崎くんはスマホを取り出すと、たまには温泉に行かない?

 

 

そう気晴らしのように誘ってきます。

 

 

詩は乗り気じゃなかったが、最近の伊崎くんはいつも困った顔をしていました。

 

 

そんな困った顔が見たくなくて詩は温泉に行くことにするのでした。

 

 

そんな詩を励ましてくれていた伊崎くん。

 

 

実は詩に言っていないことがあったのです。

 

 

それは…。

 

悪魔はそこにいる5巻の感想

この5巻で最終回を迎えましたね。

 

 

詩は美園を美園は詩を今までお互いを必要としてきました。

 

 

しかし、そんな2人が幸せになるにはこの歪んだ愛情に気が付くこと。

 

 

詩いないとダメ!美園がいないとダメ!と

 

 

依存し合っていた2人。

 

 

今まで一緒にいて、この依存から抜け出すにはかなりの勇気が必要なんだろうな…。

 

 

また、抜け出す時恐怖もあるんだろうな…。

 

 

と美園を見ていると感じる話。

 

 

詩には伊崎くんがいたから良かっただろうけど…。

 

 

「悪魔はそこにいる」はまんが王国で読むことが出来ます。

 

 

無料お試し読みもあるので、良かったら読んで下さい。

 

 

まんが王国はコチラです。
「悪魔はそこにいる」と検索してください。
※ABJ認証・正規版