この記事はネタバレも含まれています。ネタバレを知りたくない方はご注意ください。

宝石の娘と異能の王子2話のネタバレと結末【エヴァンの能力が通じない?心が読めない娘】

宝石の娘と異能の王子
作者:作者
村上私・万衣花
5話未完結

 

 

こんにちは!漫画を生活の中心としているココです。
今回は『宝石の娘と異能の王子』2話になります。

 

 

1話を読むと家族から虐げられし娘、そして行く先不幸が待っている。というありきたりな設定かと思いきや、そうでもないようです。

 

 

この2話の面白い所は腫れ物に触るかのような扱いをされている第一王子であるエヴァンとアンナの出会いです。

 

 

エヴァンと出会ってアンナに変化が訪れます。

 

 

それは、今まで家族から使用人扱いされ更に家から追い出されエヴァンの使用人となる。

 

 

そこでエヴァンの使用人達から虐げられる。

 

 

そんな悪循環が断ち切るキッカケになった。とも言えるでしょう!?

 

 

そして、アンナとの出会いがエヴァン王子を変えるキッカケにもなりそうです。

 

 

エヴァンは王子でもあり人の心を読める異能がありました。

 

 

普通の人なら、心の声が容易に分かるのに、アンナの心の声はなぜか読みずらい。

 

 

そんなことから、エヴァン王子はアンナに興味を持ち始めるのです。

 

 

もしかしたら…アンナは何か秘めているのかもしれない…。

 

 

『宝石の娘と異能の王子』
無料お試し読みはコチラ
(ABJ認証・正規版)
↓   ↓   ↓
>>>まんが王国
『宝石の娘と異能の王子』と検索してください。

 

宝石の娘と異能の王子2話のネタバレ

使用人をまとめている男が使用人達の給料を横領。

 

 

そんな事が第一王子であるエヴァンがたまたま顔を出し発覚し事は収まります。

 

 

エヴァンはアンナを見るなり、兄の薬を買うため金が必要。

 

 

言ってもないのに見抜きます。

 

 

周り使用人達はヒソヒソと話す。

 

 

それは、普段使用人など無視するエヴァンがなぜあの子だけ気に掛けるのかと…。

 

エヴァンの能力が通じない?心が読めない娘

エヴァンはその後アンナを部屋に呼びます。

 

 

部屋に呼ばれたあと、名前を聞かれ目をジッと見られる。

 

 

そのあと、出身やら親の名前など色々質問されます。

 

 

そんなエヴァンの質問に素直に答えるアンナ。

 

 

一通り質問に答えるとエヴァンから仕事に戻れと言われ、
アンナは仕事に戻るのでした。

宝石の娘と異能の王子2話の結末

エヴァンからするとアンナは妙だった…。

 

 

普通の人なら心の声がスグに読み取れるはずなのに、アンナは読み取れない。

 

 

何を考えているのかわからなかったのだ。

 

 

それは、エヴァンの母親のように。

 

 

 

エヴァンの母親は『宝石の娘』と周りから呼ばれる女性だった。

 

 

そんなことから、アンナがもしかしたら宝石の娘か?
と疑います。

 

 

しかし、答は出ないままなのでした。

 

 

そんな中、エヴァンの執事からエヴァンの異能について教えてもらうのでした。

 

 

そして…。

 

宝石の娘と異能の王子2話の感想

2話まだ序章という感じがしますが、読めるはずの心の声が読めない。

 

 

アンナは特殊な人という感じがプンプンしていました。

 

 

そんな所からエヴァンが興味をもつキッカケになっていたし、
これから2人の絡みがドンドン出てきそうな感じがします。

 

 

アンナ…実はすごい能力の持ち主なのでは!?
と期待して続きを読みたいと思います。

 

 

心が読めるために人から怖がられ、家族からも煙たがられているエヴァン王子。

 

 

アンナと出会ったことで変わっていきそうな予感がします。

 

 

『宝石の娘と異能の王子』はまんが王国で読むことができます。

 

 

無料お試し読みもあるので良かったら読んで下さい。

 

 

まんが王国はコチラです。
『宝石の娘と異能の王子』と検索してください。
※ABJ認証・正規版