この記事はネタバレも含まれています。ネタバレを知りたくない方はご注意ください。

宝石の娘と異能の王子6話のネタバレと結末【アンナの予言が命中!?その真実にジルなどの王族達は?】

宝石の娘と異能の王子
作者:作者
村上私・万衣花
6話未完結

 

 

こんにちは!漫画を生活の中心としているココです。
今回は『宝石の娘と異能の王子』6話になります。

 

 

5話からアンナの義妹フィオナ。

 

 

義母と共に性格が悪いですよね”(-“”-)”

 

 

そして、この6話ではアンナが宝石の娘では!?と思わせる出来事が起こります。

 

 

それは…アンナの予言が当たったからです。

 

 

そうです!収穫祭で火事が起こる。という予言。

 

 

誰もアンナが宝石の娘かもしれない。とは思っていない。

 

 

ただ…エヴァンはアンナが宝石の娘では!?という確信はないものの疑っています。

 

 

収穫祭の火事。その予言を的中させたアンナ。

 

 

ジルを含め王族達はその事実をどう捉えただろか?

 

 

『宝石の娘と異能の王子』
無料お試し読みはコチラ
(ABJ認証・正規版)
↓   ↓   ↓
>>>まんが王国
『宝石の娘と異能の王子』と検索してください。
※登録無料・継続課金なしもあり

宝石の娘と異能の王子6話のネタバレ

ジルの護衛をしていたアーロンは婚約お披露目会で起きた宝石盗難事件。

 

 

そのことで陛下に話を付けに来ていました。

 

 

アーロンは宝石の盗難があったかどうかはハッキリしていない。

 

 

そのことで、陛下直属で調べてもらわないと事は進まない。

 

 

そんな事を話します。

 

 

しかし、陛下は下を向いて何も話さずにいたのでした。

 

アンナの予言が命中!?その真実にジルなどの王族達は?

アーロンは話を進める。

 

 

アンナの処罰だけなら簡単。

 

 

エヴァンが絡んでいるからこそ、悩んでいるのかと…。

 

 

すると、陛下は話始めます。

 

 

エヴァンは真の王にふさわしい人物。

 

 

しかし、エヴァンの持つ能力のせいで色んな人と関係がこじれてしまうと…。

 

 

エヴァンを邪魔者扱いしているのかと思った陛下が、
まさか王に相応しい人物と言ったことにアーロンは驚きます。

 

宝石の娘と異能の王子6話の結末

陛下は宝石盗難事件よりも隣国との関係の方が今は問題。

 

 

そう話をすり替えます。

 

 

隣国は武力を強化し今にも戦争が起こりそうなピリピリした関係が続いていました。

 

 

そして、ジルの国でも隣国に負けないように武力を強化し続けている。

 

 

戦争を起こすかどうかは陛下の判断に委ねられていました。

 

 

しかし、陛下はその判断に悩まれていた。

 

 

エヴァンのことも国のことも妃が生きていれば…。

 

 

と頭を悩ませるばかりだったのです。

 

 

 

そんな時に第三王子であるレオがアンナの予見をアーロンに伝える。

 

 

すると…。

 

宝石の娘と異能の王子6話の感想

面白くなってきました。

 

 

損得を考えないアンナ。

 

 

そんなアンナの力が皆に知れ渡るといいなぁ~。と思いながら読んでいました。

 

 

予言は当たったけどメイドという低い身分であるアンナだからこそ、どーなるのかこの6話ではわからないままです。

 

 

しかし、予言が当たったのは確かだし陛下、ジルを含めアンナをどう処罰するのか?

 

 

その先が気になる所です。

 

 

『宝石の娘と異能の王子』はまんが王国で読むことができます。

 

 

無料お試し読みもあるので良かったら読んで下さい。

 

 

まんが王国はコチラです。
『宝石の娘と異能の王子』と検索してください。
※ABJ認証・正規版