この記事はネタバレも含まれています。ネタバレを知りたくない方はご注意ください。

結界師の一輪華6話のネタバレと結末【朔との結婚!それを聞いた華の両親と葉月の反応は?】

結界師の一輪華
作者:クレハ
6巻未完結

 

こんにちは!漫画を生活の中心としているココです。
今回はクレハ先生が描く『結界師の一輪華(漫画)』6話になります。

 

 

5話で一ノ宮朔にしつこく求婚された末、華はついに入籍しましたね~( *´艸`)

 

 

そして、この6話では朔は華の家に挨拶に来るのです。

 

 

俺は華を嫁にもらいたい。と…。

 

 

これを聞いただけでも、華の家族がどんな反応をするのか気になる所です。

 

 

その期待は裏切らず!

 

 

結婚するのは葉月と思っていた両親は、華と結婚すると聞いて、その動揺は隠しきれないものに…。

 

 

 

ふざけんなぁ~!なぜ葉月じゃないんだ!といった感じです。

 

 

 

しかし、一番反応が醜かったのは両親よりも葉月かもしれない…。

 

 

『結界師の一輪華』
無料お試し読みはコチラ
(ABJ認証・正規版)
↓  ↓  ↓
>>> BookLive!
『結界師の一輪華』と検索してください。
※登録無料・継続課金なし

結界師の一輪華6話のネタバレ

一ノ宮朔と結婚することを決めた華。

 

 

朔とあったことをすべて式神である雅と葵に話します。

 

 

すると、雅は華が騙されている。

 

 

そう話すのでした。

 

 

しかし、華は能天気になんとなかなるさ。

 

 

そう言ってその後の事を考えなかったのです。

 

朔との結婚!それを聞いた華の両親と葉月の反応は?

別の日、紗江が慌ただしく華を呼びに来ます。

 

 

それは、一ノ宮当主が家に見えている。

 

 

そんな話でした。

 

 

華が茶の間に行くと葉月と両親もそこに居て、一ノ宮当主がどいったご用件か!?

 

 

と動揺していたのでした。

 

結界師の一輪華6話の結末

華が顔を出すと…。

 

 

やっと来たかという感じで華を見る朔。

 

 

華も華で本当に朔が家に来た。

 

 

という感じで見るのでした。

 

 

その態度に、華の父親は失礼な態度をとるなと激怒する。

 

 

そんな華に朔は華は自分の隣に座るように。

 

 

そう話、華は朔の隣に座るのでした。

 

 

そして…。

 

結界師の一輪華6話の感想

この6話スカッとする話になっていました。

 

 

華と朔との結婚。

 

 

この話を聞いた華の両親と葉月の顔。

 

 

その顔を見るとスカッとしてしまいます。

 

 

そして、何より驚いたのが葉月が両親よりも華を見下していた。

 

 

ということがわかるこの6話。

 

 

葉月は華を両親ほど虐げている感じはなかったけど。

 

 

いざ、朔が華と結婚する。と聞いたらその態度は酷いものでした。

 

 

そして、この6話の見どころはそれだけじゃないのです。

 

 

華と朔の関係も良い感じになっていきますよ~♪

 

 

『結界師の一輪華』は BookLive!で読むことが出来ます。

 

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

 

 

登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。

 

 

BookLive!はコチラです。
『結界師の一輪華』と検索してください。
(ABJ認証・正規版)

 

 

※『結界師の一輪華』7話以降の内容は小説で読めます。