この記事はネタバレも含まれています。ネタバレを知りたくない方はご注意ください。

みんな私のこと「かわいい」って言ってくれるけど本命にはしてくれないね?1巻のネタバレ【会社の男をコントロール?可愛いを武器にするあざとい女の汚点】

みんな私のこと「かわいい」って言ってくれるけど本命にはしてくれないね?
作者:むぎ
3巻未完結

 

こんにちは!漫画を生活の中心としているココです。
今回はむぎ先生が描く『みんな私のこと「かわいい」って言ってくれるけど本命にはしてくれないね?』1巻になります。

 

 

この漫画ではあざとい女 愛莉が登場。

 

 

それは、可愛いを武器に男をコントロールする女性といっても言い。

 

 

男性目線で言うと、してあげたくなる女性。といった感じ。

 

 

もちろん、本人も自分が可愛いということを分かっているし。

 

 

男性が動いてくれることもわかっている。

 

 

言葉でやって欲しいとか言わないけど、ナチュラルな感じで仕向けている。と言ってもいいかもしれません。

 

 

彼女は社内の男性にチヤホヤされ、ある程度のミスは許される。

 

 

更に愛莉の驚くべき所は、人の手柄は自分のもの?

 

 

同僚からお茶を入れてもらって、男性に配るのは愛莉。

 

 

同僚が作成した資料を褒められるとなぜか愛莉の手柄に…。

 

 

とにかく、目覚ましいほどの出来ない社会人で女性の敵になりそうな女性です。

 

 

男性から好かれているんだけど、見た目をカバーできない位、愛莉には汚点があるから面白い?

 

 

『みんな私のこと「かわいい」って言ってくれるけど本命にはしてくれないね?』
無料お試し読みはコチラ
(ABJ認証・正規版)
↓   ↓   ↓
>>>まんが王国
『みんな私のこと』と検索してください。
※登録無料・継続課金なしもあり

 

みんな私のこと「かわいい」って言ってくれるけど本命にはしてくれないね?1巻のネタバレ

小川さんには愛莉という同僚がいます。

 

 

今日の愛莉は男性にニコニコしながらお茶を配っていました。

 

 

小川さんは思う…それはさっき私が皆に配ろうとしたお茶。

 

 

小川さんがお茶を入れて、皆に配ろうと給湯室でお茶を入れていました。

 

 

そして、お茶を入れ終わった頃に愛莉が現れ…。

 

 

私持っていきます!そういうと、サッとお茶が乗ったお盆を手にして配りだすのでした。

 

会社の男をコントロール?可愛いを武器にするあざとい女の汚点

男性達は愛莉からお茶を配られると物凄く嬉しそう。

 

 

お茶を配り終わると、頼まれていた資料を男性社員に手渡すのでした。

 

 

男性社員はそんな愛莉に、可愛いだけじゃなく優秀で助かる。

 

 

そう言っていたのです。

 

 

しかし、愛莉が手渡した資料は小川さんが作成したもの。

 

 

女性社員達は、そのことを知っていても、男性社員に言う人はいなかったのです。

 

みんな私のこと「かわいい」って言ってくれるけど本命にはしてくれないね?1巻の結末

愛莉は社内の男性からチヤホヤされていたが、女性からはあざと姫。

 

 

と呼ばれてました。

 

 

そのあざとい行動からか、愛莉の仕事のミスは男の先輩から後輩、上司までスルーしてしまう程。

 

 

そして、頼まれた仕事は快く引き受ける愛莉だが…。

 

 

その引き受けた仕事をするのは小川さんだった。

 

 

そのことを知っているのは、女子社員だけ…。

 

 

男性社員はわかっていなかったのです。

 

 

そんな、愛莉に不満を募らせた小川さんは…。

 

みんな私のこと「かわいい」って言ってくれるけど本命にはしてくれないね?1巻の感想

自分は可愛いというのがわかっていて、その容姿で男性をコントロールする。

 

 

そんな愛莉を見ているとイライラする部分もあるけど…。

 

 

最後まで読んでいくと、『容姿はいいけど中身がない。』という愛莉に気が付いていきます。

 

 

見た目で好意を持つ男性は沢山よってくるけど、中身を見て寄ってくる男性はいない。

 

 

という感じになっちゃいそう。

 

 

可愛いだけじゃダメな部分もあるし、大勢にモテるから良い。って訳じゃない気がします。

 

 

『みんな私のこと「かわいい」って言ってくれるけど本命にはしてくれないね?』はまんが王国で読むことが出来ます。

 

 

無料お試し読みもあるので、良かったら読んで下さい。

 

 

まんが王国はコチラです。
『みんな私のこと』と検索してください。
※登録無料・継続課金なしもあり
(ABJ認証・正規版)