この記事はネタバレも含まれています。ネタバレを知りたくない方はご注意ください。

結界師の一輪華4話のネタバレと結末【朔に目をつけられた華?意外な所で2人は再開を果たす!?】

結界師の一輪華
作者:クレハ
6話未完結

 

 

こんにちは!漫画を生活の中心としているココです。
今回はクレハ先生が描く『結界師の一輪華(漫画)』4話になります。

 

 

一ノ宮家当主 一ノ宮朔、3話で出てきましたね~♪

 

 

これから華とどういった絡みがあるのか楽しみです。

 

 

そして、この4話ではそんな朔に目を付けられた華が描かれています。

 

 

その理由は、意外な所で再開した華と朔。

 

 

そして、華の力を朔が偶然見てしまうからです。

 

 

朔に力を見られた華にとっては死活的失敗。

 

 

朔の方はというと、偉大な華の力を見てその力に興味深々?

 

 

『結界師の一輪華2』
無料お試し読みはコチラ
(ABJ認証・正規版)
↓  ↓  ↓
>>> まんが王国
『結界師の一輪華』と検索してください。
※登録無料・継続課金なしもあり

 

結界師の一輪華4話のネタバレ

その日華は実践を付ける授業を受けていました。

 

 

実践授業といっても妖魔の退治はAクラスの生徒が中心に行われ、落ちこぼれであるCクラスの生徒達は後方支援のみ。

 

 

華と鈴は暇そうにしていたのでした。

 

 

力を秘めている華は思う。

 

 

ここにいる妖魔は雑魚妖魔ばかり。

 

 

それを倒しているのはAクラスでCクラスは必要ないのでは!?

 

朔に目をつけられた華?意外な所で2人は再開を果たす!?

そんな風に思いながら暇そうにしていると…。

 

 

華の式神 あずが華に危険を教えます。

 

 

華はとっさに鈴をかばって妖魔の攻撃を避ける。

 

 

妖魔はAクラスが対処していたはずなのに、Cクラスにまで襲いかかってきたのです。

 

結界師の一輪華4話の結末

すると、実践経験もないし、成績も悪いCクラスの生徒はパニックになります。

 

 

華はそんなCクラスの生徒を冷静な目で見ていたのです。

 

 

しかし、このままでは生徒の身の危険が…。

 

 

そう思っていたけど、行動に移せなかった。

 

 

それは、平穏な自分の生活を天秤にかけ悩んでいたからだ。

 

 

そんな風に華が悩んでいると…。

 

結界師の一輪華4話の感想

力を隠している華。

 

 

そんな華に偉大な力があることは誰も知らない…。

 

 

しかし、この4話で朔にだけバレちゃんですよね~。

 

 

そこが面白いです。

 

 

葉月の式神を見て興味なさそうだった朔。

 

 

華の式神や力を見てどう思ったか?

 

 

その反応が面白かったです。

 

 

『結界師の一輪華』はまんが王国で読むことが出来ます。

 

 

無料お試し読みもあるので、良かったら読んでください。

 

 

まんが王国はコチラです。
『結界師の一輪華』と検索してください。
(ABJ認証・正規版)