この記事はネタバレも含まれています。ネタバレを知りたくない方はご注意ください。

メイデーア転生物語 この世界で一番悪い魔女4話のネタバレ【トールへの告白!?好きあっても結ばれない運命?】

メイデーア転生物語 この世界で一番悪い魔女
作者:友麻碧・夏西七・雨壱絵穹
5巻未完結

 

こんにちは!漫画を生活の中心としているココです。
今回は『メイデーア転生物語 この世界で一番悪い魔女』4話についてです。

 

 

ひったくりを退治した。ということで、デルバーグ公爵からのご褒美に星の観測所の使用を許可されたトールとマキア。

 

 

そして、この4話では観測所…満天の星空の中、マキアはトールに今の自分の心境を打ち明けています。

 

 

それは…好きとは言っていないけど告白と同等と言っていいほど…。

 

 

この物語のテーマにも感じる、『好き合っているのに結ばれない運命』。

 

 

それがこの4話で感じる内容でした。

 

 

マキアの告白同等の気持ちを聞いたトールの表情が忘れられません。

 

 

そうしたいのに、それを受けてはいけないような辛く複雑な表情。

 

 

このトールの表情を描く作者さんはスゴイです…。

 

 

そして、トールが出した返答は?

 

 

『メイデーア転生物語 この世界で一番悪い魔女』
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>まんが王国
『メイデーア転生物語』と検索してください。
※登録無料・継続課金なしもあり

 

メイデーア転生物語 この世界で一番悪い魔女4話のネタバレ

観測所に訪れてからマキアの様子がおかしい。

 

 

そう思っていたトール。

 

 

そして、マキアに何かあったのか?と聞くのでした。

 

 

マキアはそんなトールに今の心境を言うことが出来なかった。

 

 

それは…トールが自分の花婿になることを…。

 

トールへの告白!?好きあっても結ばれない運命?

マキアはトールが花婿になる。

 

 

自分の本当の家族になることに問題ない。

 

 

でも…トールはこの話を聞いたらどう思うだろうか?

 

 

トールのことだから鼻で笑われそう。

 

 

そう思っていたのです。

 

メイデーア転生物語 この世界で一番悪い魔女4話の結末

トールはあまりに黙り込むマキアに…。

 

 

具合が悪いのか!?と手をマキアの額に当てます。

 

 

マキアはそんなトールの行動に心臓がバクバクする。

 

 

そして、トールは絶対自分(マキア)のことを女として意識していない。

 

 

そう感じてしまうのでした。

 

 

 

マキアは聞きます。

 

 

これからも自分の側にいてくれるかどうか…。

 

 

その答えにトールは…。

 

メイデーア転生物語 この世界で一番悪い魔女4話の感想

この4話ものすごく良かったです。

 

 

読み終わっても、余韻が残るほどでした( *´艸`)

 

 

満天の星空という描かれた風景も美しいですし…。

 

 

その中でトールへの恋に気が付いたマキアが自分の心情を話している。

 

 

告白とまではいかないけど…それでも、2人の今の感情がヒシヒシと伝わりました。

 

 

特に、マキアの心情を聞いたトールの表情が胸にギュッときて、何とも言えない気持ちになります。

 

 

あの表情を見てドキドキしない人はいないんじゃないか!?と思いますね( *´艸`)

 

 

『メイデーア転生物語 この世界で一番悪い魔女』はまんが王国で読むことが出来ます。

 

 

無料お試し読みもあるので、良かったら読んで下さいね。

 

 

まんが王国はコチラです。
『メイデーア転生物語』と検索してください。
(ABJ認証・正規版)