この記事はネタバレも含まれています。ネタバレを知りたくない方はご注意ください。

喧嘩ばかりだった婚約者がいきなり溺愛してきます4巻のネタバレ【ジーナが好きは演技?カルロの企みとは!?】

喧嘩ばかりだった婚約者がいきなり溺愛してきます
作者名 :絢瀬マコト・マチバリ
4巻未完結

 

 

こんにちは!漫画を生活の中心としているココです。

 

今回は原作マチバリ先生描く『喧嘩ばかりだった婚約者がいきなり溺愛してきます』4巻になります。

 

 

3巻、カルロからジーナへの求愛がすごかったですね…。

 

 

まるで人格が変ったようでした。

 

 

 

この4巻でも、その求愛は変わらず、2人はキスをしています( *´艸`)
(好きではない人とキスは出来ないと思いますが…。)

 

 

カルロの激変に『ジーナが好き』ということが嘘なのでは!?演技なのでは!?

 

 

という事が浮上しています。

 

 

それは、ジーナの兄であるマルコがあの日(観劇があった日)を調べ上げていたから。

 

 

なぜカルロがジーナへいきなり求愛するようになったのか?

 

 

それは、カルロが避けたい事象を回避するためにジーナを利用している!?

 

 

『喧嘩ばかりだった婚約者がいきなり溺愛してきます』
無料お試し読みはコチラ
(ABJ認証・正規版)
↓   ↓   ↓
>>>ギャラコミ
『喧嘩ばかりだった婚約者が』と検索してください。
※登録無料・継続課金あり

 

喧嘩ばかりだった婚約者がいきなり溺愛してきます4巻のネタバレ

カルロとジーナ…2人っきりになると…。

 

 

カルロはいきなり沈黙する。

 

 

そして、ジーナを自分のもとへ引き寄せるとギュッと抱きしめるのでした。

 

 

そのまま、優しい眼差しでジーナを見つめる。

 

ジーナが好きは演技?カルロの企みとは!?

この雰囲気は…。

 

 

これって…。

 

 

とジーナは心の中で頬を赤めながら思っていると。

 

 

カルロはジーナにやさしくキスをします。

 

 

ジーナは心が追い付かず動揺し、カルロのキスを止めようとするけど…。

 

 

カルロは止めようとしなかったのです。

 

 

ジーナはカルロにされるがまま、流されてしまうのでした。

 

喧嘩ばかりだった婚約者がいきなり溺愛してきます4巻の結末

その日、兄 マルコは母からカルロとジーナが仲良くなった。

 

 

そんな話を聞きます。

 

 

マルコは信じられなかった。

 

 

会うたびに喧嘩ばかりしていたジーナとカルロがまるで恋人のように仲が良いはずがない。

 

 

そう思っていると、部屋でカルロとジーナが抱き合っているのを目の当たりにします。

 

 

マルコはカルロの変貌とあまりの恥ずかしさに、隠れてしまうのでした。

 

 

そして…。

 

喧嘩ばかりだった婚約者がいきなり溺愛してきます4巻の感想

ジーナと兄 マルコの考えは正常で…。

 

 

カルロだけが激変というか、人格が変わったようにジーナを愛し始めている。

 

 

ジーナの記憶喪失をキッカケに求愛する演技も出来るけど、好きじゃない人とのキスは出来ないよなぁ~。

 

 

と思いながら読んでいました( *´艸`)

 

 

きっと、カルロもジーナが好き。

 

 

だから、ジーナの記憶喪失をキッカケに素直になったんじゃないか!?と思いたい。

 

 

演技じゃないことを願いたい4巻なのでした。

 

 

やっぱり2人の続きが気になります。

 

 

『喧嘩ばかりだった婚約者がいきなり溺愛してきます』はギャラコミで読む事が出来ます。

 

 

無料お試し読みもあるので、良かったら読んで下さいね。

 

 

ギャラコミはコチラです。
『喧嘩ばかりだった婚約者が』と検索してください。
(ABJ認証・正規版)