この記事はネタバレも含まれています。ネタバレを知りたくない方はご注意ください。

34歳・売れ残りの恋は逆プロポーズから2話のネタバレと結末【部長との初デート!?完璧すぎる一面とその本性は?】

34歳・売れ残りの恋は逆プロポーズから
作者:榎本さく

 

 

こんにちは!漫画を生活の中心としているココです。
今回は『34歳・売れ残りの恋は逆プロポーズ』2話になります。

 

 

彼氏にフラれて、部長への逆プロポーズ。

 

 

酔った勢いとはいえ、美沙の行動に驚きますよね…。

 

 

そして3ヵ月の期間限定で付き合うことになった2人だけど…。

 

 

この2話では、美沙と部長の初デートが描かれていました。

 

 

部長…流石40代!?そのデートは完璧。

 

 

ここまで完璧だと逆に罠なのでは?と感じてしまうほど。

 

 

『どんな自分も受け入れてもらう』

 

 

といったあの言葉。

 

 

それがどんな意味なのか?美沙は部長のすべてを知ろうとする。

 

 

『34歳・売れ残りの恋は逆プロポーズから』
無料お試し読みはコチラ
(ABJ認証・正規版)
↓    ↓    ↓
>>>まんが王国
『34歳・売れ残りの恋は逆プロポーズ』と検索してください。
※登録無料・継続課金なしもあり

 

34歳・売れ残りの恋は逆プロポーズから2話のネタバレ

部長と飲んだ次の日、美沙は後悔していた。

 

 

『やってしまった…』

 

 

そして、会社に出社すると昨日の後悔でどんよりしていたのでした。

 

 

昨夜、部長は言っていました。

 

 

いきなり婚約もできないし、3ヵ月お試し期間で付き合う。

 

 

そういう話でまとまったのです。

 

 

つまり…部長と美沙は期間限定で付き合うことになったのでした。

 

部長との初デート!?完璧すぎる一面とその本性は?

美沙にとって部長はカッコいい人だから自分にはもったいない。

 

 

そう部長に話すと、なぜか暗い表情をされた美沙。

 

 

その表情を見た美沙はどことなく、胸がザワつき壁を感じてしまうのでした。

 

 

そんな中、部長から1通のメールが…。

 

 

その内容は今週末映画にいこう。

 

 

というお誘いのメールでした。

 

 

美沙はその誘いをOKします。

 

34歳・売れ残りの恋は逆プロポーズから2話の結末

部長との映画当日。

 

 

美沙は映画館の前で部長を待っていました。

 

 

美沙は部長と何を話したらいいのだろう…。

 

 

と緊張気味。

 

 

そこに部長が現れます。

 

 

スーツとは違う部長の私服姿に美沙は目を奪われる。

 

 

そして、部長は会社では名字で呼んでいたのに、なぜか『美沙』と名前で呼んで…。

 

34歳・売れ残りの恋は逆プロポーズから2話の感想

美沙と部長の初デート。

 

 

40代だから!?とにかく、デートの気遣いが完璧すぎました。

 

 

落ち度がないデートだからこそ…何か裏がありそう…。

 

 

と感じてしまってもおかしくない内容でした。

 

 

しかし、部長のすべてを受け入れる。

 

 

という言葉が気になります。

 

 

次の3話でわかりそうでした…。

 

 

『34歳・売れ残りの恋は逆プロポーズから』はまんが王国で読むことが出来ます。

 

 

無料お試し読みもあるので、良かったら読んで下さい。

 

 

まんが王国はコチラです。
『34歳・売れ残りの恋は逆プロポーズ』と検索してください。
(ABJ認証・正規版)