この記事はネタバレも含まれています。ネタバレを知りたくない方はご注意ください。

34歳・売れ残りの恋は逆プロポーズから3話のネタバレと結末【部長の秘密?すべてを受け入れてもらうの意味とは?】

34歳・売れ残りの恋は逆プロポーズから
作者:榎本さく

 

 

こんにちは!漫画を生活の中心としているココです。
今回は『34歳・売れ残りの恋は逆プロポーズ』3話になります。

 

 

2話では、美沙が部長のすべてを知りたい。とそのすべてを受け入れようとしていましたね。

 

 

で!?部長のすべてとは何んだろうか?

 

 

やっぱり癖があるのかな?と、色々想像を巡らせていました。

 

 

そして、この3話では部長の秘密が明らかになります。

 

 

その秘密とは、部長は彼女に尽くしすぎちゃうこと!

 

 

付き合う当初に言っていた『すべてを受け入れてもらう』とはこの事です。

 

 

彼女に尽くしすぎちゃう事は思っていたより普通の事だったのですが…。

 

 

それでも、この話を読めば嫌な人は嫌な気がします。

 

 

美沙はそんな部長の秘密を知って受け入れられるのでしょうか?

 

 

『34歳・売れ残りの恋は逆プロポーズから』
無料お試し読みはコチラ
(ABJ認証・正規版)
↓   ↓   ↓
>>>まんが王国
『34歳・売れ残りの恋は逆プロポーズ』と検索してください。
※登録無料・継続課金なしもあり

 

34歳・売れ残りの恋は逆プロポーズから3話のネタバレ

美沙は部長のすべてを知りたい。

 

 

そのことを部長に伝えます。

 

 

すると…部長は、美沙を自分の自宅へ誘うのでした。

 

 

美沙はそんな部長に、家に誘うということはそういう事だよね…。

 

 

お互い良い年齢の大人だし、学生とは違うからこうなってもおかしくない。

 

 

でも…展開早すぎなのでは!?

 

 

と葛藤しながら、部長の自宅へ向います。

 

部長の秘密?すべてを受け入れてもらうの意味とは?

部長の自宅へ向かう途中、雨が降ってきます。

 

 

傘を持っていなかった部長と美沙。

 

 

部長は自分のスーツを美沙の頭にかぶせ、濡れないようにします。

 

 

そして、いきなりお姫様抱っこをされるのでした。

 

 

これには、美沙も恥ずかしくなり…。

 

 

「自分で歩きます」

 

 

と言っても、部長は降ろしてくれなかったのです。

34歳・売れ残りの恋は逆プロポーズから3話の結末

部長の自宅へ着くと、整理整頓された綺麗な部屋でした。

 

 

『すべてを受け入れてもらう』

 

 

という部長の言葉から自宅に着くまでは…。

 

 

もしかしたら、部屋が汚かったり、悪趣味な部屋なんじゃないか!?

 

 

と思ったり…。

 

 

じゃあ、部長が脱いだら、刺青が入っていたりして…。

 

 

美沙はそんな想像を膨らます。

 

 

そんな中、部長は美沙に雨で服が濡れたから…。

 

 

と部屋着を渡してくる。

 

 

その部屋着が…。

 

34歳・売れ残りの恋は逆プロポーズから3話の感想

この3話で部長の秘密…会社では見せない性格がわかります。

 

 

彼女にしか見せない所。

 

 

と言っていいかもしれません。

 

 

彼女に尽くしすぎるのはいいけど…。

 

 

限度があるかな…。と思いました。

 

 

あまりに尽されすぎると…逆に引いちゃいそうです。

 

 

40代男 しかも、部長という役職の人が彼女に尽くす。

 

 

想像すると、確かに部長としては誰にも言いたくないかもしれません。

 

 

でも、2人を見ているとホッコリする内容でした。

 

 

『34歳・売れ残りの恋は逆プロポーズから』はまんが王国で読むことが出来ます。

 

 

無料お試し読みもあるので、良かったら読んで下さい。

 

 

まんが王国はコチラです。
『34歳・売れ残りの恋は逆プロポーズ』と検索してください。
(ABJ認証・正規版)