この記事はネタバレも含まれています。ネタバレを知りたくない方はご注意ください。

またね、神様ネタバレ2話【幸太郎の儀式を知った後!そして…両も参加する?】

またね、神様
作者:ヴヤマ
3話未完結

 

こんにちは!漫画を生活の中心としているココです。
今回は『またね、神様』2話になります。

 

 

1話、幸太郎の母親が行っている儀式…奇妙で怖かったです。

 

 

儀式をしている幸太郎を目の当たりにした両が、いつも通り接すれるハズもなく…。

 

 

そしてこの2話、予想外な展開へと話は進んでいきます。

 

 

それは…儀式に酷い拒否反応を示していた両がその儀式に参加するという…。

 

 

その光景を考えただけでも…怖い。

 

 

きっと両は純粋に幸太郎に好意があった。

 

 

それを止めるために、この儀式に参加するのだろうか?

 

 

幸太郎の行動に理解に苦しむ両が出した答もまた、歪んでいる気がする。

 

 

『またね、神様』
無料お試し読みはコチラ
(ABJ認証・正規版)
↓   ↓   ↓
>>>まんが王国
『またね、神様』と検索してください。
※登録無料・継続課金なしもあり

 

またね、神様ネタバレ2話

両は友達から幸太郎の家の事を聞いた。

 

 

それは、母親が変な宗教をしていて、その儀式に幸太郎も参加している。

 

 

両はその話を確かめるために、幸太郎の家を訪れると…。

 

 

幸太郎の母親から話かけられ、儀式のお祈りに参加することに…。

 

 

儀式とは、迷い人を慰めるために幸太郎が知らない男性に抱かれる。

 

 

そんな奇妙で不気味な儀式だった。

 

幸太郎の儀式を知った後!そして…両も参加する?

そんな、儀式を見てから1週間。

 

 

両は学校で幸太郎と会うことはなかった。

 

 

両は思う、このまま幸太郎と関わらない。

 

 

それでいいような気がする。

 

 

しかし、両は幸太郎のいる屋上へと向うのでした。

 

 

屋上へ行くと幸太郎は膝を抱えてうつむいていた。

 

 

そして、両に気が付くといつもと変わらない態度をするのでした。

 

またね、神様2話の結末

幸太郎は両に早くお昼の弁当を食べよう。

 

 

そう言います。

 

 

両はいつもと変わらない幸太郎に顔面蒼白になる。

 

 

そして、両は幸太郎がいつもと変わらないようにしている。

 

 

ということに気が付くのでした。

 

 

じゃあこのまま、何もなかったかのように接すれば、前のように…。

 

 

そう思っていると、幸太郎があの日の儀式のことについて話し出すのでした。

 

またね、神様2話の感想

幸太郎の儀式を知った後…最初はショックで…。

 

 

その光景が気持ち悪いくて幸太郎に近づかなかったのに。

 

 

幸太郎の好意がきっとその心境を変えていっている。

 

 

その幸太郎の心境の変化も奇妙な感覚を感じさせます。

 

 

意外な方向へと話が進んで、まさか!と思うよな所で話が終わっていて、続きが気になる所です。

 

 

『またね、神様』はまんが王国で読む事が出来ます。

 

 

無料お試し読みもあるので、良かったら読んで下さいね。

 

 

まんが王国はコチラです。
『またね、神様』と検索してください。
(ABJ認証・正規版)