きみに恋する殺人鬼4話のネタバレと感想・結末【心愛のなぞ?大量のRINEと消去されたメッセージ】

きみに恋する殺人鬼
作者:あきやまえんま
9話未完結

 

こんにちは!漫画を生活の中心としているココです!
今回は「きみに恋する殺人鬼」4話を読みました。

 

 

3話の最後は衝撃的でしたね…。

 

 

正当防衛とはいえ、
やっぱりいいもんじゃないでしょうね…。

 

 

そして、
この4話!何が起きたのかというと、
龍斗は警察で事情聴取。

 

 

その後、正当防衛として一応は扱われます。

 

 

アラタを刺した心愛のストーカーは
逃走し、捕まっていない。

 

 

そんな中、心愛のなぞな行動が、
龍斗を混乱させます。

 

 

それは、BBQの間の大量のRINE。

 

 

そして、龍斗宛の心愛からの消去されたメッセージ。

 

 

その意味は?

 

 

「きみに恋する殺人鬼」
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>BookLive!
登録無料・継続課金なしもあり

 

きみに恋する殺人鬼4話のネタバレ

心愛のストーカーから刃物を向けられ、
刺されそうになったその時。

 

 

龍斗は気が付いたらストーカーの腹部を
持っていたナイフで刺していました。

 

 

「どうしよう!」

 

 

龍斗は顔面蒼白になり、
気が動転しその場を動くことが出来ない。

 

 

すると、
心愛が龍斗の手を握って
大丈夫だから!

 

 

そう言います。

 

 

その時、倒れていたストーカーは
立ち上がると、腹部を手で押さえながら
その場を去っていくのでした。

 

心愛のなぞ?大量のRINEと消去されたメッセージ

その日から龍斗は学校を休んでいました。

 

 

そして、
ベッドに横にはなっているが、
すごいクマだった。

 

 

TVからはあの時のニュースが取り上げられている。

 

 

『大学生刺され、犯人は逃走中』

 

 

そんなタイトルと、
コメンテーターの話。

 

 

その中、龍斗は
アラタと心愛の安否を気にするのでした。

 

 

そして、もう、何も考えたくないし、
これから自分がどうなるのか?

 

 

そんな絶望的なことしか考えられなくなっていました。

 

きみに恋する殺人鬼4話の結末

龍斗はあの事件のあと、
警察で事情聴取を受ける。

 

 

泣きじゃくる龍斗を見て、
聴取をしている人も、
正当防衛。

 

 

だけど、腹部となると、
全く殺意がないわけでもなさそうだ。

 

 

など正当防衛の条件は色々難しいらしい。

 

 

後は検事次第となってしまった。

 

 

龍斗は自宅のベッドの上で考え始める。

 

 

ストーカーが心愛に言っていた
何度もRINE送ったよね?という言葉。

 

 

そして、
BBQの間心愛のスマホから
ずっと鳴っていたRINEの音。

 

 

 

なぜ2人はRINEをしているのか?

 

 

その関係性は?

 

そんな時に、龍斗のスマホが何度もバイブする。

 

 

それは…

 

きみに恋する殺人鬼4話の感想

心愛ちゃん怖いですね~。

 

 

一体何を考えているのかわからないです。

 

 

謎すぎて本当に怖い。

 

 

心愛に送られた大量のRINEの相手と、
消去されたメッセージ。

 

 

これも怪しい。

 

 

この4話で、
人が刺されているのに
大丈夫はないんじゃ…。

 

 

絶対何かを隠している気がします。

 

 

そして、こんなこと、
何度も経験していたりして!?

 

 

『きみに恋する殺人鬼』はBookLive!で読むことができます。

 

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

 

 

登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。

 

 

BookLive!はコチラです。
『きみに恋する殺人鬼』と検索してください。

 

 

 

きみに恋する殺人鬼6話のネタバレと感想・結末【ストーカーと心愛の関係とは!?汚された心】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です