きみに恋する殺人鬼7話のネタバレと感想・結末【これは…ヤバいやつだ!?心愛を守るために犯す更なる罪】

きみに恋する殺人鬼
作者:あきやまえんま
9話未完結

 

 

こんにちは!漫画を生活の中心としているココです!
今回は「きみに恋する殺人鬼」7話を読みました。

 

 

この7話を読むとある意味洗脳されている。

 

 

と思っちゃいますね龍斗もこのストーカーくんも…。

 

 

この7話では、
龍斗は心愛を守るために更に罪を重ねていきます。

 

 

誰がみても、どう見てもヤバいやつ。

 

 

と思うのは確かです。

 

 

その現場を見た瞬間、龍斗は自分の人生終わった。

 

そう思います。

 

 

そして、
心愛はそんな状況を見ても
涙一つ流さず龍斗をかばう。

 

 

この行動は、龍斗を更に洗脳するためだろうか?

 

 

このストーカーくんのやっていたことを
龍斗にヤらせるつもりなのだろうか…。

 

 

心愛の本心が見えなくてやはり怖い。

 

 

「きみに恋する殺人鬼」
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>BookLive!
登録無料・継続課金なしもあり

 

きみに恋する殺人鬼7話のネタバレ

龍斗はフライパンを使って
ストーカーの頭部を激しく打つ。

 

 

その勢いで、
ストーカーは飛ばされ倒れてしまうのでした。

 

 

「ハーーッ」

 

 

「ハーーー」

 

龍斗は息が上がっていた。

 

 

そして…ストーカーの頭部から
血が流れ始めると…。

 

 

龍斗の
心臓の音が激しくなっているのが
わかった。

 

これは…ヤバいやつだ!?心愛を守るために犯す更なる罪

その光景を見て思う。

 

 

「これは…ヤバい」

 

 

そして、人生終わった…。

 

 

そう思います。

 

 

しかし、龍斗は取り乱すこともなく、
どことなく冷静だった。

 

 

そして、
独り言のように
話始めるのでした。

 

 

昔から、よく考えてみたら自分はクソ人間だった。

 

 

それは、勉強も運動もそこまで出来るわけでもなく。

 

 

根暗で友達もいない。

 

変わりたいと思っても上手くいかない。

 

 

皆のようになりたくても、なれない。

 

更にこんな事態になって…。

 

きみに恋する殺人鬼7話の結末

こんな自分が嫌になる。

 

 

そういうと、
キッチンにあったナイフを手にして
自分の首元へ…。

 

 

「ごめん…」

 

 

龍斗は心愛にごめんと言うその表情は、
いつもの笑顔の龍斗だった。

 

 

そして、
すべてを終わらそうと
思うと、心愛が…。

 

きみに恋する殺人鬼7話の感想

この7話、龍斗は心愛を守るために更なる
罪を犯してしまいます。

 

 

それも、喜んで!

 

 

きっとこのストーカーくんも
心愛を守るために喜んで罪を犯す人
だったのでは!?

 

 

と読んでいておもっちゃいました。

 

 

そして、今度はこのストーカーくんの
代わりに龍斗を使う?

 

 

心愛の目的がなんなのか、
まだこの7話では読めない所が不気味。

 

 

『きみに恋する殺人鬼』はBookLive!で読むことができます。

 

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

 

 

登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。

 

 

BookLive!はコチラです。
『きみに恋する殺人鬼』と検索してください。

 

 

 

きみに恋する殺人鬼9話のネタバレと感想・結末【逃走者 龍斗見つかる?SNSを通じて現れた如月という男】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です