社内探偵18巻のネタバレと感想・結末【町上くんの弱み!?三屋部長になぜ従っていたのか?】

社内探偵
作者:かたおかみさお・egumi
18巻未完結

 

 

こんにちは!漫画を生活の中心としているココです!
今回は、「社内探偵」18巻です。

 

 

町上くんと言えば天然で、、頼りない。

 

 

でも…久我さんの味方という強いイメージがありました。

 

 

しかし、この18巻でそんな町上くんのイメージが
ガラリと変わる内容。

 

 

それは、町上くんは経歴詐欺をしていたことです。

 

 

あんなに、
明るい感じで悩みなさそうな感じがするのに…。

 

 

実はすごい暗い、
重たい悩みを抱えていたことが
わかります。

 

 

偏見といえば、そうなんですが、
そんな意外な町上くんは最初から
久我さんを裏切っていたことになります。

 

 

なぜ町上くんは
三屋部長の言いなりになっていたのか?

 

 

それも、この18巻でわかります。

 

三屋部長腹黒さがわかるこの18巻。

 

 

「社内探偵」
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>まんが王国
「社内探偵」と検索してください。
※登録無料・継続課金なしもあり

 

社内探偵18巻のネタバレ

久我さんは自宅に、
美和と営業三課 船堀さんを呼んでいました。

 

 

そして、三屋部長が美和の不正昇格と
若林課長のパワハラ問題に関わっていたことを話す。

 

 

一ノ瀬課長を引きずり下ろす。

 

 

という同盟を美和、船堀さんと結んでいた久我さん。

 

 

しかし、久我さんが総務に異動になることで
今回その目的が果たせない。

 

 

ということで、同盟を解消することに
します。

 

町上くんの弱み!?三屋部長になぜ従っていたのか?

同盟を解消することには、
船堀さんも同意。

 

 

目的を果たすことが出来なくなったし、
他のトラブルに巻き込まれたくないから。

 

 

そして、
美和も営業三課の仕事が軌道に
乗り始め、仕事の楽しさを覚えていきます。

 

 

美和はこの同盟が解消されても、
一ノ瀬課長は正規のやり方で引きずりおろしてやる!
と成長を見せるのでした。

 

 

久我さんは同盟を解消した後、
やっぱり三屋部長の不正を暴くことを
諦めなかった。

 

 

そして、総務に異動になる前に
三屋部長の不正を暴き、相打ちにする。

 

 

そう決めていたのですが、
そこで三屋部長と面談することに
なった久我さん。

 

 

そこで驚くべき事実を聞くのでした。

 

社内探偵18巻の結末

その内容とは、
町上くんが経歴詐欺の疑いがある。

 

 

そんな話でした。

 

 

久我さんは町上くんが…と
驚いて目を見開いてしまう。

 

 

そして、
三屋部長は町上くんの
経歴が本当に正しいのか調べて欲しい。

 

 

そう久我さんに頼みます。

 

 

不正は正したい。

 

 

という久我さんの性分から、
町上くんのことに調べてみると…。

 

 

町上くん自身から意外な事実が
明かされるのでした。

 

 

それは…。

 

社内探偵18巻の感想

この18巻では、町上くんについて描かれています。

 

 

暗い、重たいというイメージがなかった
町上くんだけど、過去や他のことで明かせない
悩みを持っていて…。

 

 

更に、久我さんを最初から裏切るようなことを
ずっとしていたことがわかります。

 

 

人は見かけによらないとは
この事で、意外性のある18巻でした。

 

 

久我さん町上くんのこともどうするのか?

 

 

『社内探偵』はまんが王国で200円
読むことが出来ます。

 

 

お得感ある継続課金タイプと継続課金なしのタイプもあります。

 

 

無料お試し読みもあるので、
良かったら読んでください。

 

 

まんが王国はコチラです。
『社内探偵』と検索してください。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です