だからもう恋しない3巻のネタバレと感想・結末【森さんの正体?実はすごい人なのかも!?】

だから、もう恋しない
作者:北乃どらりぬ
10巻未完結

 

 

こんにちは!漫画を生活の中心としているココです!
今回は『だからもう恋しない』の3巻になります。

 

 

森さんってスエットで…清潔感がなくて…
都会からの移住者で…。

 

 

謎が多い森さんだけど、
この3巻でどんな人なのか
わかったかもしれません。

 

 

憶測だけど…この感じを見ると
そうだと思います。

 

 

それは、森さんは小説家。

 

 

本も何冊か出版している人です。

 

 

ただの移住者ということしかしらない晶。

 

 

しかし、森さんの家で見つけた1冊の本。

 

 

その本の作者を晶は好き。

 

 

そして、森さんも好きだと話す。

 

 

まるで、本を好きだと言っているのに
晶が好きだと言っているかのように…。

 

 

付き合ってもいないのに、心も満たされる晶。

 

 

それは、
森さんに愛されているからだろうか?

 

 

そして、陽菜の存在が晶の心をざわつかす。

 

 

『だからもう恋しない』
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>BookLive!
『だからもう恋しない』と検索してください。
※登録無料・継続課金なし

 

だからもう恋しない3巻のネタバレ

晶はその日も森さんのお宅に
配達に…。

 

 

そして、優しく抱かれる晶。

 

 

セフレ関係になってから1ヵ月。

 

 

2人の間には恋愛感情はない。

 

 

しかし、あまりにも森さんが優しすぎて、
勘違いしそうになる晶なのでした。

 

 

『ゴホッ』

 

 

森さんは少し咳をしていた。

 

 

晶は森さんに風邪をひいたの?

 

 

と聞くと、ちょっとのどがイタイかも。

 

 

そんな風に話します。

 

森さんの正体?実はすごい人なのかも!?

晶は生姜とはちみつ、レモンが
あれば喉に良い飲み物が出来ると
話します。

 

 

「全部あるよ」

 

 

森さんは、キッチンに全部あるよ。

 

 

と話すと。

 

 

晶はキッチンへ行きます。

 

 

それは地元のはちみつでした。

 

 

村の人の誰かが、
森さんにくれたのだろう…。

 

 

そして、それを使って晶は
暖かいはちみつレモンを作って
森さんに差し出すのでした。

 

だからもう恋しない3巻の結末

森さんははちみつレモンを
飲み終えた後、同じ姉妹でも全然違うね。

 

そう言います。

 

 

森さんは。
このはちみつは陽菜から
もらったものだと話します。

 

 

陽菜の話が出ると、晶は変な顔をする。

 

 

そして、心がざわつくのでした。

 

 

『さわっ』

 

 

そんな晶の表情を見た森さんは、
晶の髪を優しく触り、肩に引き寄せます。

 

 

なんで…こんなに優しくしてくれるのだろう…。

 

 

そう思いながら晶がテーブルに目をやると。

 

 

モリミツタロウの本が置いてあったのです。

 

 

晶はその本を見ると大興奮します。

 

そして、森さんはその作者を
好きかと晶に聞くと…。

 

だからもう恋しない3巻の感想

森さん…もしかしら、
すごい人なのかもしれない。

 

 

でも、そのことを明かさない。

 

 

晶がその作者さんを好きだと言って、
森さんが照れくさそうにしている。

 

 

その表情を隠そうとして目をそらす所とか
森さん…可愛かったです。

 

 

このこと、いつバレるんでしょうかね?

 

 

バレる時が楽しみ♪

 

 

「だからもう恋しない」はBookLive!で165円
読むことが出来ます。

 

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

 

 

登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。

 

 

BookLive!はコチラです。
『だからもう恋しない』と検索してください。

 

 

 

だからもう恋しない5巻のネタバレと感想・結末【陽菜の悪だくみ?そして、村中の噂の的に…】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です