SNSに嗤う女たち(褒めマウント女)のネタバレと感想・結末【褒めているのに貶す?上から目線 友達の末路】

SNSに嗤う女たち
(#褒めマウント女)
作者:縛
4話未完結

 

こんにちは!漫画を生活の中心としているここあです!
SNSシリーズで縛先生の『#褒めマウント女(SNSに嗤う女たち)』です。

 

 

この話は結婚式のお祝いの席で、友達の幸せを願えない。
褒めているようで貶している、そんな、友達の話です。

 

 

友達も色々なタイプがいると思いますが、
社会人になると、『付き合う人』と『疎遠になる人』とで
別れると思います。

 

 

卒業して初めは付き合っていたけど
ダンダン疎遠に…。

 

 

そんな、友達のタイプの一つとして、
上から目線でマウンティングをとる友達。

 

 

この漫画もそんな、
友達の結婚式に呼ばれているのに、

 

 

無難な所を選んだ。

 

 

顔よりも安定、安心が一番。

 

など、嫌味っぽいというか、
褒めているようで貶している。

 

 

そんな女性の話です。

 

 

どことなく、上から目線で、
そのうちに友達は次々と結婚していく…。

 

 

 

そんな、彼女の末路とは?

 

#褒めマウント女(SNSに嗤う女たち)のネタバレ

今日は友達のマナの結婚式。

 

 

「綺麗~」

 

 

「旦那さん優しそう!」

 

 

幸せそうなマナを見て、
女友達は皆、マナを褒めたり、羨ましがる。

 

 

しかし、一人だけ違う人がいました。

 

「旦那さん普通ぽい」

 

 

「安定が大事だもんね」

 

 

サオリはお祝いの席なのに、
マナを褒めているようで、
貶していたのです。

 

褒めているのに貶す?上から目線 友達の末路

サオリの言葉に、また始まった。

 

 

お得意の褒めマウント。

 

 

そう女友達たちは思います。

 

 

サオリは更に話を続ける。

 

私みたいに自立しすぎた女は、
男としては可愛げがない。

 

 

と思われる。

 

 

 

マナのように
家庭に収まっちゃうところがすごいよね。

 

 

サオリが話が終わるころには、
女友達たちは無言になり、
何も言わなくなるのでした。

 

 

その様子を見て、
サオリはレベルが違いすぎて、
話についていけないのかな!?

 

 

そんな風に勘違いします。

 

#褒めマウント女(SNSに嗤う女たち)の結末

そんな中、
友達の一人 ホノカは、
サオリのことを

 

 

カッコいい!

 

 

見習わないと!

 

そういいます。

 

 

しかし、サオリはホノカのことも
顔はいいけど、頭はスカスカな子。

 

 

そんな風に心の中ではバカにしていたのですが…。

 

サオリよりも先にホノカが彼氏を作ると…。

#褒めマウント女(SNSに嗤う女たち)の感想

結婚式のお祝いの席で褒めているようで
貶す。褒めマウントをするサオリ。

 

 

そんなサオリのような人。

 

 

身近で見たことがありました。

 

 

人の幸せを見ると、
褒めているようで貶す。

 

 

それを周りで聞いていると、
あまり良い気がしません。

 

 

そして、そんなサオリの末路は、
悲しいものでした。

 

 

友達の幸せを願って、大事にしたいものですね。

 

SNSに嗤う女たち(ダサい女の作り方)のネタバレと感想・結末【男と女の前では態度が違う?陰湿な女子大生の話】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です