花嫁未満エスケープ13話のネタバレと感想・結末【尽されすぎると窮屈!?無条件に与えてくれる人】

花嫁未満エスケープ
作者:小川まるに
14話未完結

 

 

こんにちは!漫画を生活の中心としているココです!
今回はNINOシリーズの『花嫁未満エスケープ』13話です。

 

 

この13話もゆうに共感しちゃいました。

 

 

というのも、深見くんがゆうに
尽くしすぎちゃうという所。

 

 

ゆうが望むものを何でも与えてくれる
深見くん。

 

 

一見、大事にされているお姫様のよう。

 

 

と思っちゃいますが、
私はこれが窮屈に感じちゃいます。

 

 

生活していても
ある程度の距離感というか、
バランスが大事というか…。

 

 

難しい所ですよね。

 

 

尚紀がゆうを放置気味、
良く言えば自由な感じだったのが…。

 

 

深見くんはゆうのために
何でも合わせちゃうタイプ。

 

 

といった感じに捉えちゃいました。

 

 

これがずっと続くとなると
…結婚するならどっちを選ぶ?

 

 

『花嫁未満エスケープ』
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>BookLive!
『花嫁未満エスケープ』と検索してください。
※登録無料・継続課金なし

 

花嫁未満エスケープ13話のネタバレ

深見くんはゆうが持ってきたカタログを
眺めていました。

 

 

そして、
ゆうが気に入ったという指輪を
スマホで写真を撮る。

 

 

そんな深見くんに、ゆうが話かけます。

 

 

「飲み物は、あったかいのでいい?」

 

 

すると、深見くんは、
慌ててスマホをポッケに
入れるのでした。

 

尽されすぎると窮屈!?無条件に与えてくれる人

そんなゆうに、
深見くんは俺がお茶を入れるよ。

 

 

紅茶とコーヒーどっち飲む?

 

 

 

 

とゆうに聞いてきます。

 

 

ゆうはコーヒーかな。

 

 

と答えると、じゃあ俺も
コーヒー飲もうかな。

 

 

とコーヒーを入れ始めるのでした。

 

 

 

 

別の日、ゆうが仕事から帰ってくると…。

 

 

ゆうは荷物を置きっぱなしにして
トイレに行きます。

 

 

そして、ゆうがトイレから
出てくると荷物もコートも
片づけてくれる深見くん。

 

 

それを見て、ゆうは気を遣わせているかな?

 

 

と思っちゃうのでした。

 

花嫁未満エスケープ13話の結末

その日、ゆうと深見くんが
一緒にテレビを見てくつろいでいると…。

 

 

ゆうはテレビを見るのをやめて
本を読み始めます。

 

 

すると、
深見くんもテレビを消して
本を読み始める…。

 

 

『あれ?』

 

 

ゆうはそんな深見くんにあれ?
なんで?と不思議に思うのでした。

 

 

「明日仕事早いから。」

 

 

そして、その日ゆうは明日仕事で
朝早く出ないとだから…。

 

 

と20時ころ寝ようとすると…。

 

 

じゃな俺も寝ようかな。

 

 

そう笑顔で言う深見くん。

 

 

 

そんな深見くんにゆうは、
まだ寝るには早いし深見くんは
起きてていいよ。

 

 

そう言うと…。

 

花嫁未満エスケープ13話の感想

深見くんは優しすぎるし、尽くしすぎる。

 

 

何でもゆうに合わせすぎる所が、
私は窮屈に感じちゃいました。

 

 

尽くされるのが好きな人なら良いかもだけど、
そんな深見くんの行動に違和感を感じる人も
いるんじゃないかと思います。

 

 

ゆうも、贅沢とか自分勝手とか
言っているけど。

 

 

この気持ちに共感してしまいました。

 

 

「花嫁未満エスケープ」はBookLive!で165円
読むことが出来ます。

 

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

 

 

登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。

 

 

BookLive!はコチラです。
『花嫁未満エスケープ』と検索してください。

 

 

 

花嫁未満エスケープ14話のネタバレと感想・結末【未遂のプロポーズ!?隠された尚紀の想い】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です