花嫁未満エスケープ10話のネタバレと感想・結末【失って初めて気が付く?ゆうを取り戻そうとする尚紀】

花嫁未満エスケープ
作者:小川まるに
14話未完結

 

 

こんにちは!漫画を生活の中心としているココです!
今回はNINOシリーズの『花嫁未満エスケープ』10話です。

 

 

一大決心をしてやっと!?
尚紀と別れを告げられたゆう。

 

 

そんな中、
深見との関係を知った尚紀は
深見に物申す姿が描かれています。

 

 

「人の彼女に手を出すな」と…。

 

 

でも、もう別れているし、
尚紀の悪あがきという風にも見える
この10話。

 

 

そして、深見から傷に刺さる一言を。

 

 

ゆうからも、
もう…私がいる尚紀ではない。

 

 

とハッキリと言われて…。

 

 

失って初めてゆうの大切さに
気が付いた尚紀。

 

 

しかし、もう遅いのかもしれない…。

 

 

『花嫁未満エスケープ』
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>BookLive!
『花嫁未満エスケープ』と検索してください。
※登録無料・継続課金なし

 

花嫁未満エスケープ10話のネタバレ

尚紀と深見は仕事の打ち合わせをしていました。

 

 

そんな時…尚紀は深見に
ゆうのことを聞く。

 

 

それは、この前たまたま深見と
ゆうが一緒にいて仲良さそうに
話す姿を見てしまった。と…。

 

 

尚紀は更に感情的になります。

 

 

急に現れて、
人の物に手を出さないで欲しい。と…。

 

失って初めて気が付く?ゆうを取り戻そうとする尚紀

そんな尚紀の話を黙って聞いていた深見。

 

 

ゆうは誰の物でもない。

 

 

ゆうはゆう自身のもの。

 

 

そう言います。

 

 

そして、
ゆうが誰を選ぶのかは
本人が決めること。

 

 

そう言って席を立つと深見は、
打ち合わせはまた今度で…。

 

 

と仕事の話をしないまま、
部屋を出て行ってしまうのでした。

 

花嫁未満エスケープ10話の結末

尚紀は感情に振り回されていた。

 

 

ゆうがいなくなったことで、
その事だけしか今は考えられなくなって
いました。

 

 

『まだ…間にあう』

 

 

そう思うと、スマホ片手に
ゆうにメールをします。

 

 

それは、もう一度会いたい。

 

 

今日、店に行くと…。

 

 

しかし、ゆうは仕事が忙しく
そんな尚紀のメールに気が付かなかった。

 

 

仕事が終わって店を出ると、
そこには尚紀が待っていたのです。

 

 

そんな、尚紀にゆうは…。

 

花嫁未満エスケープ10話の感想

尚紀は私情を仕事中持ち込みすぎる。

 

 

辛いのはわかるけど、
深見とも仕事の話は進まずに終わっています。

 

 

そこら辺割り切れないのは
なんというか…子供っぽく感じました。

 

 

あと、女は捨てる時は一瞬。

 

 

というけど、ほんとそんな感じがする10話です。

 

 

「花嫁未満エスケープ」はBookLive!で165円
読むことが出来ます。

 

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

 

 

登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。

 

 

BookLive!はコチラです。
『花嫁未満エスケープ』と検索してください。

 

 

 

花嫁未満エスケープ11話のネタバレと感想・結末【婚約指輪をゆうに!?前から結婚を考えていた?】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です