君がこんなに甘いなんて、知らなかった3巻のネタバレと感想・結末【別れを告げる依織!遥希の反応は?】

君がこんなに甘いなんて、知らなかった。
作者:芹澤ノエル・文月ミツカ
10巻未完結

 

こんにちは!漫画を生活の中心としているココです!
今回は、『君がこんなに甘いなんて、知らなかった』3巻です。

 

 

依織の彼氏 遥希の浮気酷かったですね…。

 

 

同棲彼女がいるのに、
家で浮気とかあり得ないです。

 

 

そして、この3巻では、
そんな遥希に別れを告げる依織が
描かれています。

 

 

別れを告げた依織に対して
遥希はどんな反応をしたのかというと…。

 

 

8年付き合ったとは思えないほどの
浅はかな態度をとっていましたね。

 

 

付き合いが長ければ長くなるほど
相手に甘えのようなもの
出てしまうのでしょうか?

 

 

今までの時間を返してくれ!

 

 

と言いたくなるくらい。

 

 

遥希の言動は酷かったです。

 

 

そして、依織は甲斐の事を
『親友』と呼んでいますが、
友達関係が壊れる時も近いのかもしれません。

 

 

『君がこんなに甘いなんて、知らなかった』
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>まんが王国
『君がこんなに』と検索してください。
※登録無料・継続課金なしもあり

 

君がこんなに甘いなんて、知らなかった。3巻のネタバレ

依織は自分の荷物を取りに家に帰ると…。

 

 

玄関には遥希が…。

 

 

「よかった」

 

 

 

そして、
依織が帰ってきてホッと
しているようでした。

 

 

遥希は、手を伸ばし
依織に触れようとします。

 

 

しかし、
依織は遥希の手を避けると
パシッと叩くのでした。

 

 

依織は言います。

 

 

私は遥希を許すために
帰ってきた訳じゃない。

 

 

「……。」

 

 

いつもと違う依織の態度に
遥希もこの前事を弁護しようと
するのでした。

 

別れを告げる依織!遥希の反応は?

遥希は言う、
この前の事は向こうから
誘ってきたんだ。

 

 

彼女は仕事の資料を取りに
家に来て、その後無理やり迫ってきた。

 

 

拒めなかった…。

 

 

話を聞いた依織は…。

 

 

「簡単に嘘がつけるんだね」

 

 

依織は、2人がベッドで
話していたことを
聞いたと遥希に言う。

 

 

その時、お互いに好きと言っていたと…。

 

 

結ばれて良かったね。

 

 

と嫌味を言うと、依織は荷物を
バックに詰め始めます。

 

君がこんなに甘いなんて、知らなかった。3巻の結末

依織の言葉を否定するかのように、
遥希は、俺は依織のことを愛している。

 

 

そう言います。

 

 

『愛している』この言葉は
本当はとても深い言葉のはず。

 

 

しかし、
遥希の焦った表情と
遥希から聞いた愛している。という言葉は
軽く、浅い言葉に感じてしまうのでした。

 

 

依織は聞きます。

 

 

今回の浮気は一度や二度じゃないでしょ?

 

 

 

 

その言葉に、遥希はそんな訳はない。
と答えるが明らかに動揺していました。

 

 

「出て行って」

 

 

遥希は今日は実家に泊まるから、
今日中に遥希は出て行ってほしい。

 

 

そう話すと、遥希から更に、
あり得ない言葉をいいます。

 

 

それは…。

 

君がこんなに甘いなんて、知らなかった。3巻の感想

依織が別れを告げると、
遥希の本性が現れた感じがしました。

 

 

そもそも浮気現場を見てしまったら
やり直すのは難しい気がします。

 

 

余程心を強くもてる人ではないと…。

 

 

今まで好きだった男性が、
まさかこんな人だったとは…。

 

 

遥希のような男ばかりだったら
男性不信に陥りそうです。

 

 

依織は、
甲斐と上手くいくといいなぁ…。

 

 

友達から恋人って難しいのかもしれないですね。

 

 

今までの関係を壊したくないとかで…。

 

 

『君がこんなに甘いなんて、知らなかった。』は
まんが王国で読むことが出来ます。

 

 

無料お試し読みもあるので、
良かったら読んで下さい。

 

 

まんが王国はコチラです。
『君がこんなに』と検索してください。

 

 

 

君がこんなに甘いなんて、知らなかった10巻のネタバレと感想・結末【甲斐の想い人は誰?真白から聞いた真実】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です