どうせ無能な僕なんて(クズメン百鬼夜行)3話のネタバレ【後田の結末は?自己卑下が酷すぎた男が行きついた所】

クズメン百鬼夜行
~どうせ無能な僕なんて~
作者:西優木
3話未完結

 

 

こんにちは!漫画を生活の中心としているココです!

 

 

今回は、ライブコミックス(旧NINO)シリーズ西優木先生の
『クズメン百鬼夜行~どうせ無能な僕なんて』3話です。

 

 

自己卑下が酷い後田くん!

 

 

その最後がどうなるのか気になる所ですよね。

 

 

後田くんは最後どうなったのかというと…。

 

 

会社を辞めちゃいます。

 

 

なんだ~結局逃げに走ったのか!?

 

 

と思った人もいるかもしれないけど…。

 

 

自己卑下だけならまだ許せるのですが、
後田くんは人としてやってはいけない事を
この3話でしてしまったのです。

 

 

自分を卑下し続けた結果、
気が付かないうちに、自分自身を追い込むことを
していたのかもしれません…。

 

 

『クズメン百鬼夜行~どうせ無能な僕なんて』
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>BooKLive!
『クズメン百鬼夜行』と検索してください。
※登録無料・継続課金なし

 

どうせ無能な僕なんて(クズメン百鬼夜行)3話のネタバレ

後田くんの態度に限界を感じた聡美。

 

 

聡美はトイレの鏡の前で
髪を一つ縛りにし気合を入れます。

 

 

そして、後田くんのいる営業2課へ…。

 

 

営業2課に入ると、
いつもと違う髪型と雰囲気に…。

 

 

『あいつ何かあったのか!?』

 

 

と同僚達は思います。

 

 

後田くんはビシッとしている聡美に
ぎょっとしてしまう。

 

 

そして、ボソボソした口調で、
三十路でその髪型きつくないですか?

 

 

と言うのでした。

 

後田の結末は?自己卑下が酷すぎた男が行きついた所

聡美は後田くんと課長の所に行くと…。

 

 

この前、
得意先から取れた契約を
後田くん一人で行ってもらいたい。

 

 

そう言います。

 

 

もちろん、分からない事があったら、
聡美に聞いてもらってもいいし、
手伝いもする。

 

 

教えてから結構時間もっ経ったので、
そろそろ独り立ちの練習したらどうか?

 

 

ということになったのです。

 

 

「いきなり突き放すとか、最悪ですね。」

 

 

後田くんは、聡美にそう言うのでした。

 

どうせ無能な僕なんて(クズメン百鬼夜行)3話の結末

聡美は後田くんのアポが書かれている
ホワイトボードを見ながら、ソワソワしていました。

 

 

もう…商談が始まっている。

 

 

あーは言ったものの、一人で大丈夫だろうか?

 

 

と気が気じゃない。

 

 

その頃、後田は得意先の田中社長と
商談が始まっていました。

 

 

「お時間頂いてありがとうございます…」

 

 

力弱い声で後田が話始めると…。

 

 

田中社長は松井さん(聡美)は
元気しているか?

 

 

と聞いてくるのでした。

 

 

すると、後田は聡美のことを…。

 

どうせ無能な僕なんて(クズメン百鬼夜行)3話の感想

営業職の独り立ちで初めて一人での商談の時

 

 

『自分で大丈夫だろうか?』

 

 

と取引先の事を考えて、
前の担当者の方が良いと思われたらどうしよう…。

 

 

とか、物凄く緊張するけど…。

 

 

それ以前に、後田くんは勤める会社、取引先、双方の
信用を失うようなことをしていました。

 

 

 

これは、一番やってはいけないことの
ような気がします。

 

 

そして、そのことが、
自分自身を追い詰める結果に
なったんだろうな…。

 

 

と思った話でした。

 

 

『クズメン百鬼夜行~どうせ無能な僕なんて』は
BookLive!で読むことが出来ます。

 

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

 

 

登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。

 

 

BookLive!はコチラです。
『クズメン百鬼夜行』と検索してください。

 

 

どうせ無能な僕なんて(クズメン百鬼夜行)2話のネタバレ【後田の仕事が適当すぎる?聡美を裏では見下している!?】

あいつ俺のこと好きなんですよ(クズメン百鬼夜行)1話のネタバレ【付き合ってもいないのに、彼氏面発言?勘違い同僚にイライラ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です