35歳の不純愛4話のネタバレと結末【安心だけじゃダメ!?堀綺代と夫の運命の再会?】

35歳の不・純愛
~あなたが恋しいだけだった~
作者:小嶋すみれ
12話完結

 

 

こんにちは!
漫画を生活の中心としているココです!

 

 

今回は「35歳の不・純愛 ~あなたが恋しいだけだった~」4話です。

 

 

この4話衝撃的でした…。

 

 

芯が弱い旦那様ならこんなことあり得るかもしれません…。

 

 

とても悲しくなりました。

 

 

それは、この4話で夫 靖孝は堀綺代と
男女関係になってしまうからです。

 

 

でも…堀綺代の方からかなり強引に誘惑した!
といった感じです。

 

 

妻側としては、堀綺代は、
『危険な女』、『悪女』としか
思えない行動でした。

 

 

しかし、そこを辞めさせるのが
旦那様の芯の強さではないかと思います。

 

 

ここで引き下がれなかったら、
安心できる妻(春菜)の元へは戻れなくなりますよ…。

 

 

 

靖孝はやってはいけないことを
犯してしまいました。

 

 

「35歳の不・純愛 ~あなたが恋しいだけだった~」
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>BookLive!
「35歳の不純愛」と検索してください。
※登録無料・継続課金なし

 

35歳の不・純愛 ~あなたが恋しいだけだった~4話のネタバレ

堀綺代の教育係だった靖孝。

 

 

教育係を終えた後、堀綺代と靖孝は
別々の職場で働いていたのです。

 

 

しかし、
靖孝が半年前に大阪に転勤になり
堀綺代と再会する。

 

 

 

最初に声をかけてきたのは、
堀綺代の方からだった。

 

 

「元気にしていたか?」

 

 

靖孝は堀綺代にそう声をかけます。

 

 

堀綺代は少し驚いた表情をして
靖孝にいいます。

 

 

それは、数年前に比べて堀綺代は
容姿がかなり違っていたから。

 

安心だけじゃダメ!?堀綺代と夫の運命の再会?

堀綺代は最初の頃は太っていて
地味で暗い雰囲気をしていました。

 

 

そんな容姿をからかう男性社員を靖孝は、

 

 

「黙って仕事をしろ!」

 

 

カバってくれたり、
綺代ともフラットな感じで
接してくれていたのです。

 

 

そんな、優しい靖孝のことを
好きになってしまった綺代。

 

 

しかし、その時靖孝は
まだ結婚もしていないし独身。

 

 

仕事が大好きで彼女なんていらない。

 

 

という位の仕事好きな人だったのです。

 

35歳の不・純愛 ~あなたが恋しいだけだった~4話の結末

しかし、しばらく経つと、
靖孝に彼女が出来た。

 

 

そんな話が社内で噂になります。

 

 

その話は本当で、
綺代が靖孝にメールをしても

 

 

『彼女いるから』

 

 

で終わってしまう。

 

 

堀綺代は、辛い時期を過すことになります。

 

 

しかし、この大阪支所で数年後再会した時、
綺代は別人のように綺麗になっていました。

 

 

だからこそ、
スグに堀綺代だとわかった靖孝に
驚いた綺代だったのです。

 

 

堀綺代は痩せてロングヘアーの髪を明るく染め、、
そして、何より明るい雰囲気になっていたのです。

 

 

初めはただ、再会を喜んでいた靖孝。

 

 

しかし、堀綺代の積極的な行動に
飲み込まれていくのでした。

 

 

その行動とは…。

 

35歳の不・純愛 ~あなたが恋しいだけだった~4話の感想

奥さん(春菜)が大事なら
その意志を貫いてほしかった…。

 

 

堀綺代の誘惑になんか、負けてほしくなかった…。

 

 

でも、隙がない感じだから
世の中の男性はこんな堀綺代のような
女性がいたら、いちころなのだろうか!?

 

と思った4話でした。

 

 

この後、どうなるのかな?続きが気になります。

 

 

『35歳の不・純愛 ~あなたが恋しいだけだった~』は
BookLive!で82円で読むことが出来ます。

 

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

 

 

登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。

 

 

BookLive!はコチラです。
『35歳の不純愛 』と検索してください。

 

 

35歳の不純愛5話のネタバレと結末【堀綺代とは出来るのか?という質問の靖孝の答と新屋君の本音】

35歳の不純愛3話のネタバレと結末【妻だけ出来ない夫!?靖孝は堀綺代と浮気をしているのか?】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です