この記事はネタバレも含まれています。ネタバレを知りたくない方はご注意ください。

虐げられ令嬢とケガレ公爵3巻のネタバレと感想【令嬢が掃除を?予想外な行動にグリサリオ公爵は…】

虐げられ令嬢とケガレ公爵
~そのケガレ、払ってみせます!
作者:廻
3巻未完結

 

こんにちは!漫画を生活の中心としているココです!

 

今回はライブコミックス(旧NINO)シリーズの
『虐げられ令嬢とケガレ公爵~そのケガレ、払ってみせます!』3巻になります。

 

 

2巻では、グリサリオ公爵が、
なぜ妹のチェリアリアと結婚しようとしたのか、謎なままです。

 

 

そんな、まだまだ謎だらけのグリサリオ公爵。

 

 

キャスライトと良い感じになるのでは!?
と期待して読み続けている私です。

 

 

そして、この3巻では、
令嬢とは思えないキャスライトの行動に
驚くグリサリオ公爵が描かれていました。

 

 

それは、キャスライトが離れの屋敷を
ピカピカにしたこと。

 

 

令嬢といえば、掃除などしないですよね…。
使用人などにまかせて…。

 

 

廃棄するような食材を使った食事も
喜んで食べるキャスライト。

 

 

その姿を見たグリサリオ公爵のメイド達や
グリサリオ公爵自身も驚きます。

 

 

そして、
何か企みがあるのでは!?
と思うのですが…。

 

 

『虐げられ令嬢とケガレ公爵~そのケガレ、払ってみせます!』
無料お試し読みはコチラ
(ABJ取得・正規版サービス)
↓   ↓   ↓
>>>BookLive!
『虐げられ令嬢』と検索してください。
※登録無料・継続課金なし

 

虐げられ令嬢とケガレ公爵~そのケガレ、払ってみせます!3巻のネタバレ

キャスライトを追い出すよう仕向けましょう。

 

 

そうグリサリオ公爵の執事カーネルは言います。

 

 

しかし、グリサリオ公爵はそんなことを
しなくても、左の痣を見て怖がった女。

 

 

そのままでも、
そのうち出ていくだろう…。

 

 

そう言って、グリサリオ公爵自身からは
キャスライトをどうにかしろ!
という命令はなかったのです。

 

 

しかし、執事は、
キャスライトが自分自身で
屋敷を出ていくよう仕向けることに
したのでした。

 

 

それは、嫌がらせをして…。

 

令嬢が掃除を?予想外な行動にグリサリオ公爵は…

執事はメイドに言います。

 

 

キャスライトに手厚いもてなしをするように!と…。

 

 

メイドは執事の意味を捉えて
ニヤッと笑うのでした。

 

 

キャスライトは離れに案内されていました。

 

 

離れは、外観は立派なものだったが、
誰も使っていないことから部屋中は
誇りまみれだったのです。

 

 

キャスライトのいる離れに
食事を運ぼうとするメイド。

 

 

その食事はカチカチの固いパンや虫食いのリンゴ。

 

 

悪い食材を使って作られた料理だったのです。

 

虐げられ令嬢とケガレ公爵~そのケガレ、払ってみせます!3巻の結末

「お夕食を…」

 

 

メイドが離れの扉を開くと驚いてしまいます。

 

 

なぜなら、埃だらけのはずの離れの屋敷が
ピカピカに掃除されていたから。

 

 

そして、楽しそうに
掃除をするキャスライトの姿が…。

 

 

メイドは驚いてしまう。

 

 

本当に令嬢なのだろうか?

 

 

お嬢様が掃除などするはずないよね!?と
目を疑ったのです。

 

 

メイドに気が付いたキャスライトは
手に持っていた粗末な料理を見て喜びます。

 

 

その姿に調子が狂ってしまうのでした。

 

 

そんな、キャスライトの話を聞いた
グリサリオ公爵は…。

 

虐げられ令嬢とケガレ公爵~そのケガレ、払ってみせます!3巻の感想

令嬢のはずのキャスライト。

 

 

その行動は令嬢のようなものではなかった。

 

 

むしろ、メイドのような行動。

 

 

グリサリオ公爵の使用人やグリサリオ公爵自身も
そんなキャスライトに驚くも、何か利があるのでは!?

 

 

と捉えてしまいます。

 

 

しかし、このキャスライトの行動が素のもので
それを知った時のグリサリオ公爵は、
どんな風に思うのか、続きが楽しみです。

 

 

『虐げられ令嬢とケガレ公爵』はBookLive!で
読むことが出来ます。

 

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

 

 

登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。

 

 

BookLive!はコチラです。
『虐げられ令嬢』と検索してください。
(ABJ取得・正規版サービス)