この記事はネタバレも含まれています。ネタバレを知りたくない方はご注意ください。

【ユリウス、エルサを口説く男に激怒!?】きみを愛する気はないと言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます10話のネタバレ

「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます
作者名 :水埜なつ ・三沢ケイ
10話未完結

 

こんにちは!漫画を生活の中心としているココです。

 

今回は三沢ケイ先生の「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます。10話になります。

 

 

9話でのユリウス様の幼少期の過去。興味深かったですね~。
母親との心の隙間をエルサは埋めてくれるのかもしれません…。

 

 

そして、この10話では夜会に出席するユリウスとエルサが描かれています。

 

 

それにしても、結婚して、ユリウスは変わりましたね。

 

 

もう、妻(エルサ)一筋のように見えてならない私です。

 

 

そして、この10話では夜会で妻(エルサ)を口説こうとする子爵に
激怒するユリウスが描かれていました。

 

 

俺の女に手をだすな!

 

 

みたいな感じで静かに怒るのですよ…。

 

 

その怒った顔も美しい!(笑)

 

 

更に、そんなユリウスの姿(妻を守ろうとする姿)を夜会で目の当たりにしたある人物。

なんとなく危険な香りがします…。

 

 

『「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます』
無料お試し読みはコチラ
↓    ↓   ↓
>>>BookLive!
『きみを愛する気はない』と検索してください。
※登録無料・継続課金なし

 

「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます10話のネタバレ

エルサは緊張していました。

 

 

まさか、本当に夜会に出ることになるなんて…。

 

 

今日はパルニア伯爵家の夜会。

 

 

夜会とは、上流階級の社交的な場であるが、
その目的は己の地盤を固める場所であって…。

 

 

ミスは許されない所。

 

 

エルサは母親から貴族の教育は受けていたものの、
まさか本当にその日が来るとは思っていなかったのです。

 

 

そして、隣には夫となったユリウスが…。

 

 

エルサはユリウスに声を掛けられ我が夫を見る。

 

 

すると、普段よりも増して輝かしい夫が。

 

 

そのままをユリウスに言っても、
エルサの言っている言葉を理解してくれることは
なかったのです。

 

エルサを口説く男に激怒!?ユリウスの本気

夜会の会場に入り、エルサとユリウスに声をかけてくれる人物が。

 

 

その人物とはレベッカなのでした。

 

 

レベッカはエルサに手を振るとお互いに着ているドレスを
褒め合います。

 

 

その和気あいあいとした雰囲気にユリウスもいつの間に、
エルサはレベッカとこんなに仲良くなったのだろう…。

 

 

とただ会話に入らずその姿を見ているだけでした。

 

 

「こんばんは!」

 

 

更に、エルサの弟 ハンネスも夜会に来ていたのです。

 

 

ハンネスはヤルモ様から招待を受けた。

 

 

そう話します。

 

 

それに対してエルサも喜び、
ヤルモ様にお礼を言わないと…。

 

 

そう言うのでした。

 

「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます10話の結末

周りがざわつき始める。

 

 

それは、本日主催のパルニア伯爵家のヤルモとセラフィーナが登場してきたからだ。

 

 

「本日はありがとうございます。」

 

 

周りは2人の美しい姿に賞賛する。

 

 

エルサもキラキラしていますね。

 

 

そう言うのでした。

 

 

セラフィーナがエルサの元に来ると、
ユリウス様をお借りしてよいかしら?

 

 

知人に紹介したい。

 

 

とユリウスと2人で別の場所へ行ってしまいます。

 

 

エルサはそんなユリウスの表情を見ると、
今日の夜会の目的なのだろう…。

 

 

そう思うのでした。

 

 

ユリウスと別れた後、エルサはレベッカと行動します。

 

 

そして、色々な人に挨拶をされていると…。

 

「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます10話の感想

夜会で妻(エルサ)を口説こうとした男を見て激怒するユリウス。

 

 

その姿は静かな感じだったが、ただならぬ気配を感じました。

 

 

それにしも、これが仕組まれた罠だったとしたら…。

 

 

ユリウスはある方にあしをすくわれないようにしないといけませんね。

 

 

2人の初々しさから続きを読まずに入られない(笑)

 

 

『「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます』は
BookLive!で読むことが出来ます。

 

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

 

 

まとめて読みたい人は『「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます』2巻の合冊版(6話~10話)を購入した方がお得です。(新規登録のみ半額で読めます。)

 

 

登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。

 

 

BookLive!はコチラです。
『きみを愛する気はない』と検索してください。