きみを愛する気はないと言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます6話のネタバレ【カフスボタンと嫉妬!?エルサの態度に戸惑うユリウス】

「きみを愛する気はない」
と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます
作者名 :水埜なつ ・三沢ケイ
10話未完結

 

 

こんにちは!漫画を生活の中心としているココです。
三沢ケイ先生原作の「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます。6話になります。

 

 

5話から続く、エルサからの誕生日プレゼントのカフスボタン。

 

 

これをユリウスは無くて探していましたよね。

 

 

このカフスボタンがこの6話で見つかります。

 

 

それは、セラフィーナがエルサに渡すからです。

 

 

そして、この6話で面白いのは、
嫉妬しないエルサに戸惑うユリウスが描かれていました。

 

 

ユリウスといえば、浮いた話も多く、
女性の扱いに慣れている人でしたよね…。

 

 

そして、今まで女性から寄ってくることしかなかった。

 

 

なのに!エルサは違う。

 

 

他のセラフィーナのような
綺麗な女性と関わっても何の嫉妬もない。

 

 

『もしかして、自分は恋愛対象外なのでは!?』

 

 

というユリウスにとって未知な領域で悩みます。

 

 

そこが面白い(笑)

 

 

そもそもエルサはユリウスを夫でもあるけど、
家族として見ている。

 

 

恋愛対象にもなり得るのだうけど、今の所エルサの気持ちは謎です。

 

 

そして、この6話ではセラフィーナの兄 ヤルモ様も登場。

 

 

このヤルモ様、エルサに対して鋭い質問をする?

 

 

『「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます』
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>BookLive!
『きみを愛する気はない』と検索してください。
※登録無料・継続課金なし

 

「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます6話のネタバレ

今日は旦那様の了承を得て、お茶会を自宅開くことにしたエルサ。

 

 

エルサは自宅菜園で作った野菜などをスイーツにして振る舞うのでした。

 

 

お茶会にはレベッカも招待されていて、
そのスイーツの珍しさ美味しさに感動します。

 

 

レベッカがお茶会のメンバーを見ると
セラフィーナ様も招待されている…。

 

 

そう思います。

 

 

セラフィーナといえばこの前のお茶会で
エルサに失礼なことを言った人物。

 

 

そんなセラフィーナもお茶会に招待していたのです。

 

 

エルサはセラフィーナにも声を掛けます。

 

 

自家菜園のスイーツを食べてみてください。と…。

 

カフスボタンと嫉妬!?エルサの態度に戸惑うユリウス

セラフィーナはエルサを見ると、
止めていた髪飾りを褒めます。

 

 

素敵な髪飾りだと…。

 

 

すると、エルサはこの髪飾りは、
旦那様から今朝頂いたもので…。

 

 

そう嬉しそうに言うのでした。

 

 

エルサは話を続ける。

 

 

自分の大切にしていたオルゴールが壊れたこと。

 

 

その修理を旦那様が他国へ赴いて修してくれたこと。

 

 

そのお土産にこの髪飾りをもらった。

 

 

そうエルサは言うのでした。

 

「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます6話の結末

そんなエルサにセラフィーナは、
ユリウスは女性に接することに慣れていて
私にも色々素敵な物をもらいました。

 

 

そうニッコリと笑うのでした。

 

 

そして、仕事で多忙なユリウス様が、
奥様のためには時間を割いてくれるのか。と…。

 

 

その意外性に驚いていたのです。

 

 

お茶会が終わるとエルサは、
お越しくださったお客様を
一人一人お見送りします。

 

 

最後にセラフィーナをお見送りするとき、
セラフィーナは手にカフスボタンを持っていたのです。

 

 

そのカフスボタンは、
ユリウスに贈ったものでした。

 

 

セラフィーナはエルサに、
このカフスボタンは以前に、2人で会った時に
忘れたもの。

 

 

そうエルサに言います。

 

 

そんな、セラフィーナのことを仕事から
帰宅したユリウスに話すと…。

 

「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます6話の感想

セラフィーナのことで嫉妬しないエルサ。

 

 

それに対して困惑するユリウスが面白かったです。

 

 

今までない女性の扱いに戸惑っている。

といった感じでしょうか?

 

 

この6話でユリウスがエルサにドキドキするシーンとか
こちらも見逃せないですね。

 

 

ユリウスのようなイケメンが
恋に落ちる過程は胸キュンしちゃいます~。

 

 

『「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます』は
BookLive!で読むことが出来ます。

 

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

 

 

登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。

 

 

BookLive!はコチラです。
『きみを愛する気はない』と検索してください。

 

 

 

きみを愛する気はないと言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます7話のネタバレ【ヤルモ様からの匂わせ発言!?その対応にエルサは…】

【ユリウス結婚初夜の心情を描く】きみを愛する気はないと言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます(小説)番外編1話のネタバレ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です