この記事はネタバレも含まれています。ネタバレを知りたくない方はご注意ください。

【ユリウスからの贈り物?エルサの誕生日】きみを愛する気はないと言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます11話のネタバレと結末

「きみを愛する気はない」
と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます
作者名 :水埜なつ ・三沢ケイ
11話未完結

 

 

こんにちは!漫画を生活の中心としているココです。
三沢ケイ先生原作の「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます。11話になります。

 

 

10話まで読んでいると、
だんだんユリウスとエルサの心の距離が縮まってきましたね。

 

 

ユリウスはエルサが好きと自覚があるようですが…。

 

 

エルサは何となく…自分の気持ちにまだわからない。
といった感じですよね!

 

 

しかし、この11話で
エルサはその気持ちに気が付いてきているのかな?
と思うフレーズがありました。

 

 

更に、この11話ではエルサのが誕生日を迎えます。

 

 

誕生日といえば、
ユリウスの時もエルサはささやかながら
2人でお祝いしていましたよね。

 

 

じゃあエルサの時は?

 

 

というより、ユリウスはエルサの誕生日を知りません。

 

 

そんな時に、
姉の誕生日を教えてくれたのが、
弟のハンネスです!

 

 

そして、2人で過ごす誕生日。

 

 

ユリウスからの誕生日プレゼントに
なんか心までホッコリ幸せな気分にされられた11話でした。

 

 

『「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます』
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>BookLive!
『きみを愛する気はない』と検索してください。
※登録無料・継続課金なし

📚巻で読む事も出来ます!
・きみを愛する気はないと言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます1巻(1話~5話)
・きみを愛する気はないと言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます2巻( 6話~10話)
・きみを愛する気はないと言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます3巻 (11話~15話)

「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます11話のネタバレ

 

パルニア伯爵のヤルモの所に1通の手紙が届いていました。

 

 

それは、ヘルコ子爵家から助けを求める手紙だったのです。

 

 

その内容は、
ロイアス公爵家からの圧力で
家門ごと潰されそう。

 

 

そんな事が書かれていました。

 

 

この手紙を読んだヤルモだが、
特に助けることはしなかった。

 

 

そして、ヘルコ子爵家の身から出た錆び。

 

 

いつかは、潰れる運命だったのだろう…。

 

 

そういうと、
暖炉の中に手紙を投げ入れてしまうのでした。

 

ユリウスからの贈り物?エルサの誕生日に…

同じ頃、ユリウスからキッパリとフラれてしまったセラフィーナ。

 

 

部屋でクッションをビリビリに破き、
中に入っていた羽が部屋中に散乱していたのです。

 

 

それを見た兄 ヤルモは、

 

 

どうしたものか!?

 

 

とセラフィーナに声をかけます。

 

 

セラフィーナは私はかわいいですか?

 

 

そう自信なさそうにヤルモに話します。

 

 

そんなセラフィーナにヤルモは天使のようだよ。

 

 

そう答える。

 

セラフィーナは話を続ける。

 

 

ユリウス様は私よりもエルサ様が大事という。

 

 

そんな落ち込んだセラフィーナを
慰めるかのように、セラフィーナは宝石よりも綺麗だよ。

 

 

そう言うのでした。

 

「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます11話の結末

ヤルモはそんな妹を見て思う。

 

 

ユリウス的にも、
セラフィーナとの関係を濁していた方が
好都合だったはず…。

 

 

なのに…。

 

 

ヤルモはエルサの存在がユリウスを予想外な
行動に持っていく。

 

 

そう思えてならないのでした。

 

 

そんな中、ユリウスは城内を歩いていると…。

 

 

「ちょっとお時間いいですか?」

 

 

エルサの弟 ハンネスが声をかけてきます。

 

 

そして、もうすぐ姉の誕生日だから…。

 

 

と誕生日プレゼントを姉に渡して欲しい。

 

 

姉へのプレゼントを差し出します。

 

 

エルサの誕生日がもう少しと
気が付いたユリウスは…。

 

「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます11話の感想

エルサとユリウス2人の仲つつましい感じを
見ていると、こっちまで幸せな気分になっちゃいます。

 

 

この11話でのエルサの誕生日。

 

 

とても素敵でしたね…。

 

 

エルサを大事にしてくれるユリウスに、
エルサも、自分は公爵家の妻を務めるだけだと
思っていた…。

 

 

でも…。といった感じで何かがエルサの中でも
変わって来ているのかな?

 

 

と思える話でもありました。

 

 

もう…2人を見ていると、
ほっこり幸せすぎて胸が苦しくなっちゃいますね(笑)

 

 

『「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます』は
BookLive!で読むことが出来ます。

 

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

 

 

登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。

 

 

BookLive!はコチラです。
『きみを愛する気はない』と検索してください。