私の幸せな結婚5章と終章(小説)のネタバレと感想・結末【美世の異能が発動する前兆?そして、清霞との婚約へ!?】

わたしの幸せな結婚
作者名 :顎木あくみ・高坂りと・月岡月穂
4巻未完結

 

 

こんにちは!漫画を生活の中心としているココです!
そんなココは最近ハマっている「わたしの幸せな結婚」の小説版を読んでみました。

 

 

そして、今回はわたしの幸せな結婚5章(旅立つ人)と終章についてです。

 

 

4章『決意の反抗』で斎森家の事件がおき、
この5章で終結を迎えます。

 

 

そして、
この5章は小説2巻に続くとても重要な
章でもあると思います。

 

 

それは、美世の異能が発動するキッカケがあるからです。

 

 

えっ!?美世は異能を持たなかったのでは!?
とここで思っちゃいますよね…。

 

 

しかし、違ったんですよ( *´艸`)

 

 

更に、終章では、
美世と清霞はめでたく婚約へ!

 

 

最後まで目が離せない「わたしの幸せな結婚(5章、終章)」でした!

 

 

『わたしの幸せな結婚』
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>e-bookjapan
『私の幸せな結婚』と検索してください。
※登録無料・継続課金なし

わたしの幸せな結婚(小説)5章・終章のネタバレ

美代は母親の夢を見ていた。

 

 

美代の母は斎森家にあるあの桜の木の下で
手招きをしていた。

 

 

美世は母親に近づこうとするけど、
なかなか近づけない。

 

 

そんなことから、美世は母の所へ行くのを諦めて、

 

 

「また会いましょう」

 

 

そういうと、背を向けてしまうのでした。

 

 

それでも、母は美世を手招きし続けていた。

 

 

「はっ!」

 

 

美世が目を覚ますと、
久堂家の自分の部屋に寝ていました。

 

 

あぁ…帰ってこれたんだ!

 

 

美世はそう思います。

 

美世の異能が発動する前兆?そして、清霞との婚約へ!?

医者の診断から、
美世のケガは打ち身が多いが、
数日間、安静にしないといけない状態だった。

 

 

清霞は仕事もしながら美世を気にかけ世話をしていました。

 

 

その姿に、申し訳なくなる美世なのでした。

 

ゆり江も美世を心配し、
ずっと泣いていました。

 

 

それでも、
久堂家の家事などは
しっかりこなしていました。

 

わたしの幸せな結婚(小説)5章・終章の結末

美世は清霞から斎森家の最後を聞く。

 

 

斎森家は家が全焼し、
もう、住める状態ではないと…。

 

 

幸いなことに、
誰もケガをすることなく、
死んだ人もいない。

 

 

斎森家は業界から退くことになり、田舎暮らしに…。

 

 

今までより貧しい生活になるそうだ。

 

 

辰石家は罰せらることはなかったが、
当主 実は当主の座を長男の一志に
譲ったという。

 

 

香耶はとうと、
特別な家の奉公に出され一からやり直しに。

 

 

皆の生末を一通り聞いた美世は、
皆が無事で安心します。

 

 

そして、
斎森家が取り壊される前にもう一度
あの場所に行く…。

 

 

そこは、斎森家にある母が愛したあの桜の木のところへ…。

 

わたしの幸せな結婚(小説)5章・終章の感想

この5章は美世の異能が発動するキッカケがある章であり、
終章は、2人の婚約の様子が描かれていました。

 

 

まだまだ、面白いのはこれからです( *´艸`)

 

 

2巻はすごいですよ~♪

 

 

美世の異能が薄刃家の中でもっとも協力な
異能だったことがわかります。

 

 

小説1巻も面白かったですが、
2巻も目が離せないです!

 

 

良かったら小説1巻、2巻読んで下さいね♪

 

 

『わたしの幸せな結婚』はe-bookjapanで
読むことが出来ます。

 

 

登録無料で継続課金もありません。

 

無料お試し読みもあるので、
良かったら読んでください。

 

 

e-bookjapanはコチラです。
『わたしの幸せな結婚』と検索してください。

 

 

 

私の幸せな結婚(小説)2巻(1章)のネタバレと感想・結末【美世異能が発動し始める!?その前兆は?】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です